「アナと雪の女王」新作、ピクサー「リメンバー・ミー」との同時上映へ | アニメ!アニメ!

「アナと雪の女王」新作、ピクサー「リメンバー・ミー」との同時上映へ

ニュース

2018年3月16日の公開を控える『リメンバー・ミー』と同時上映される作品が、短編ではなく22分の『アナと雪の女王』新作であることが明らかになった。ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの映画が同時上映されることとなった。

『アナと雪の女王』は洋画アニメ史上歴代トップの2000万人以上を動員するなど、“アナ雪”の略称で社会現象を巻き起こした作品。このたびの発表は4年ぶりの新作となる。新たなコスチュームに身を包んだエルサとアナの姿が描かれた日本オリジナルのポスタービジュアルには、雪だるまのオラフやトナカイのスヴェンといった人気キャラクターたちも再結集している。“真実の愛”を見つけた姉妹たちは、新作ではどんな物語をみせてくれるのだろうか。
一方の『リメンバー・ミー』は、『トイ・ストーリー3』で世界中を感涙させたリー・アンクリッチ監督による“音楽”をフィーチャーした新作アニメである。ギターの天才少年・ミゲルと正体不明のガイコツ・ヘクターを主人公に、死者の国を舞台にした冒険が描かれていく。

同時上映について、両作品でチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めるジョン・ラセターは「皆さまに、2つの新作をお届けします。1作は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオがお送りする『アナと雪の女王/家族の思い出』です。『アナと雪の女王』の愛すべきキャラクターたち、アナ、エルサ、そしてオラフが再び、大スクリーンに戻ってきます。もう1作は、ピクサー・アニメーション・スタジオがお送りする『リメンバー・ミー』です。「家族」というとても大切なテーマをこの2作を通じて、日本の皆さまにも「家族の絆」と「家族の大切さ」を感じていただきたいです」とコメント。「この2作品をどうぞご家族や愛する人と一緒に、映画館で大いに楽しんでください。ドウモアリガトウゴザイマス」とのメッセージを寄せている。

ディズニーとピクサーによる、“家族の絆の物語”を“最高の音楽”で綴る新作同士のタッグとなる今回の試み。感動も興奮も2倍堪能することができそうだ。

『リメンバー・ミー』同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』
2018年3月16日(金)公開

『リメンバー・ミー』
(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
『アナと雪の女王/家族の思い出』
(C)2017 Disney. All Rights Reserved.
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集