「アニサマ」 サプライズゲストに氷川きよし、「CHA-LA HEAD-CHA-LA」熱唱でファン沸かす | アニメ!アニメ!

「アニサマ」 サプライズゲストに氷川きよし、「CHA-LA HEAD-CHA-LA」熱唱でファン沸かす

ニュース

8月26日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われた世界最大級のアニメソングイベント「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」。今年も大きな盛り上がりを見せた本イベントに氷川きよしがサプライズ出演を果たした。
氷川は現在放送中の『ドラゴンボール超』のオープニング主題歌「限界突破×サバイバー」を披露。まさかの出演に会場は大きな歓声が上がった。

氷川は今年デビュー18年目を迎え、変わらぬ人気を誇る国民的演歌歌手だ。6月に東京・明治座にて1ヶ月に渡る公演を開催し、好評を博した。3月発売の最新曲「男の絶唱」が好調な中、テレビ東京系「おはスタ」のテーマソング「きよしのチキチキOHAソング」を子供たちとともに歌ったり、2月よりフジテレビ系「ドラゴンボール超」オープニング曲「限界突破×サバイバー」で初のアニメソングに挑戦。さらに7月には、GReeeeNとの初のコラボレーションが実現した、NHKラジオ深夜便「深夜便のうた」7-9月となる配信シングル「碧(あお)し」を配信したりと、その活動の幅を広げている。

この日も赤のレザースーツ姿の氷川の登場に2万7千人のオーディエンスは大興奮に包まれた。氷川は「皆さん、どうもこんにちは。私、氷川きよしと申します。今「ドラゴンボール超」の「限界突破×サバイバー」を歌わせていただいております」と挨拶。「ドラゴンボール」は子供の頃から聞いていて、「CHA-LA HEAD-CHA-LA」が心の支えというか、「何があってもヘッチャラなんだ」という思いで聴いていた思い出の歌でした。その「ドラゴンボール」の歌を今回、僕が歌わせていただきました。」と今回の楽曲に対する思い入れを語った。
さらに「僕の曲に「きよしのズンドコ節」という歌があるんですが…」と話すと、会場は更なる盛り上がりを見せ、氷川が「きよしのズンドコ節」の一節を歌うと、「きよしコール」が起こった。「音楽はジャンルを越えて、いいものはいいですね。心が伝わるものであれば、10年、20年、30年、ずっと残っていくんだなと感じるのが「CHA-LA HEAD-CHA-LA」ですね。みんなと一緒に名曲「CHA-LA HEAD-CHA-LA」を歌いたいと思います。」と語り同曲を熱唱すると、大合唱とともに最高潮の盛り上がりを見せた。氷川は「ありがとうございました!! サイコー!!」と挨拶して、颯爽とステージから退場し、会場からは大きな歓声が上がり、その出番を終了させた。

(C) バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集