アニメぴあ創刊号「おそ松さん」を巻頭特集 メモリアル特集は「幽☆遊☆白書」 | アニメ!アニメ!

アニメぴあ創刊号「おそ松さん」を巻頭特集 メモリアル特集は「幽☆遊☆白書」

ニュース

9月8日、ぴあ株式会社がアニメ誌「アニメぴあ Shin-Q」を創刊する。2017年秋の新番組『おそ松さん』をはじめ、『十二大戦』、『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』などの話題作をラインナップ。TVアニメ25周年を迎えた『幽☆遊☆白書』の振り返り特集も楽しめる。

「アニメぴあ Shin-Q」は新作はもちろん、人気の旧作も紹介するアニメ誌である。巻頭特集は10月から第2期がスタートする『おそ松さん』だ。主人公・おそ松役の櫻井孝宏の撮り下ろしインタビューや、藤田陽一監督のインタビュー、第1期の振り返りコーナー、キャスト陣コメントなど大ボリュームの20ページに仕上がった。
今回の『おそ松さん』特集について編集長は「ユーモアたっぷりに取材現場を盛り上げていただいた櫻井さんにTVアニメ『おそ松さん』第2期への意気込みや好きな旧作アニメ作品などお伺いしました。取材時の雰囲気のまま、楽し気な誌面になりました。是非ご一読ください」とコメントを発表した。

秋の新作特集コーナーでは『十二大戦』から、憂城役の岡本信彦と寝住役の堀江瞬の初対談を掲載。声優事務所のプロ・フィットの先輩後輩にあたる二人の、ほのぼのとした間柄が垣間見られる内容となった。
9月16日公開の『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』からは京田智己監督のインタビューのほか、レントン役の三瓶由布子、エウレカ役の名塚佳織の対談を掲載。レントンの父であるアドロック・サーストン役の古谷徹も「全身全霊を打ち込んだ」とインタビューで意気込みを語っている。
メモリアル特集を飾るのは、1992年から1995年までオンエアされた『幽☆遊☆白書』。「週刊少年ジャンプ」原作の人気アニメの軌跡を今一度振り返ることができる。そのほか『Code:Realize』、『いぬやしき』、『DIVE!!』などの話題作も特集する。

「アニメぴあ Shin-Q」の創刊号は9月8日発売。価格は1000円(税抜)。今後は年4回の季刊で発行される。

「アニメぴあ Shin-Q」
発売:2017年9月8日
価格:1000円(税抜)
ページ数:96P
発行:年4回季刊
付録:クリアファイル、描き下ろし版権イラスト口絵ポスター
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集