「ACCA13区監察課」2017年11月舞台化 ジーン役は荒木宏文、ニーノ役は丘山晴己 | アニメ!アニメ!

「ACCA13区監察課」2017年11月舞台化 ジーン役は荒木宏文、ニーノ役は丘山晴己

ニュース 2.5次元

TVアニメ『ACCA13区監察課』の舞台化が決定した。2017年11月の上演を予定している。主人公のジーン・オータス役には荒木宏文、ニーノ役には丘山晴己が起用された。

『ACCA13区監察課』は月刊「ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス)にて連載されたオノ・ナツメのマンガが原作である。物語の舞台は13の自治区に分かれた王国にある巨大統一組織・ACCA(アッカ)。監察課副課長のジーン・オータスは不正がないか視察するため、各自治区に赴く。そんな彼のまわりに不穏な噂が流れはじめ、国を揺るがす陰謀に巻き込まれていく。2017年1月から3月にかけてTVアニメ化された人気作がついに舞台化することになった。
舞台『ACCA13区監察課』の主演を務めるのは、若手俳優集団・D-BOYSの荒木宏文だ。ミュージカル『刀剣乱舞』のにっかり青江役や、ミュージカル『黒執事』劉役、ライブ・ファンタジー『FAIRY TAIL』ジェラール・フェルナンデス役などを務めた実績がある。確かな演技力と独特の存在感を持つ彼が、「もらいタバコのジーン」の異名を持つ謎多き男を演じる。

ニーノ役は日本とアメリカを拠点に活動する丘山晴己が担当。ブロードウェイ公演『The Illusionists』に初の日本人出演者として抜擢され、ミュージカル『スタミュ』で鳳樹役を務めた丘山が、ジーンの友人で物語のカギを握るニーノを演じる。
それにあわせて、舞台のメインビジュアルが公開された。ジーンは金髪、ニーノは青髪を再現。衣装も細部まで作り込まれており、原作ファンも注目の仕上がりだ。原作の世界観をどう表現していくのか。今後の続報が楽しみな一枚となった。

舞台『ACCA13区監察課』
2017年11月舞台化決定

(c)オノ・ナツメ/SQUARE ENIX・ACCA製作委員会
(c)舞台ACCA製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集