東映、DLEら3社、アニメスタジオ機能を持つ企画会社「コヨーテ」を設立 | アニメ!アニメ!

東映、DLEら3社、アニメスタジオ機能を持つ企画会社「コヨーテ」を設立

ニュース

8月3日、東映、東映アニメ音楽出版、DLEの3社は、オリジナルコンテンツの企画開発およびプロデュースを行う合弁会社・コヨーテの設立を発表した。3社の強みを活かし、日本のみならず世界に向けて作品を送り出していく。

コヨーテはテレビアニメや映画化を目論んだオリジナルコンテンツの企画開発が主な業務となる。東映グループに加えて、キャラクターコンテンツに強みを持つDLEが参画しているのが特徴だ。
DLEは「秘密結社鷹の爪」シリーズをはじめとする多彩なショートアニメの制作で知られている。コヨーテは新企画のパイロット版やトレーラーを制作するためのアニメスタジオ機能を持ち、パイロット版の制作を積極的に行うことでプロデュースやパートナー営業、ブランディングを迅速に実現する方針である。少人数・短期間でアニメを制作するDLEのノウハウが活かされることになるだろう。

企画開発ではマンガや小説の映像化や、既存コンテンツにさらなる魅力を与えるリブランディングなどを推進する。さらに企画の立ち上げから展開・プロデュースを包括的に担うことで、知的財産権のマネジメント全体の主導権を握り、小さく生んで大きく育てることを目指す。
市場ターゲットは日本に限らず全世界を視野に入れ、海外との共同企画も積極的に推進する予定だ。とくに成長著しい中国をはじめ、アジア市場での映画や動画配信、エンターテインメント市場をターゲットとする。

なお社名のコヨーテは、北米のネイティヴアメリカンの神話で創造神やトリックスターなどを意味する。小規模な群れで狩りをして獲物を求めて荒野を歩き回るイメージがミニマムチームの新会社に合致するため社名とした。

コヨーテ株式会社
代表取締役会長:森下孝三
代表取締役CEO:吉村文雄
取締役CFO:島谷浩作
取締役COO:原田拓朗
資本金:2億1千万円
株主構成:東映株式会社 34%・東映アニメーション音楽出版株式会社 33%・株式会社ディー・エル・イー 33%
設立日:2017年8月1日

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集