「DEVILMAN crybaby」内山昂輝がデビルマン役に 村瀬歩は飛鳥了を担当 | アニメ!アニメ!

「DEVILMAN crybaby」内山昂輝がデビルマン役に 村瀬歩は飛鳥了を担当

ニュース

8月2日開催のイベント「Netflix アニメスレート2017」にて、アニメ『DEVILMAN crybaby』のPV第2弾が発表された。それにあわせてメインキャストも決定。不動明役を内山昂輝、飛鳥了役を村瀬歩が務めることになった。

『DEVILMAN crybaby』のPV第2弾では主人公・不動明と飛鳥了が運命の宴に参加したことでデーモンに襲われ、デビルマンに変身するという、原作で最も有名なシーンがダイジェストで描かれている。「それは力の歴史だった」という印象的なナレーションからはじまる映像は、異形のデーモンたちが人間を襲う場面や、飛鳥了がデーモンにマシンガンを乱射する場面など、暴力的なシーンがフラッシュバックのように展開する。
さらに飛鳥了の「選べ! 明! お前が信じていいのは俺だけだ!」という言葉に対し、不動明は「俺は悪魔ではない! 俺は…デビルマンだ!」と絶叫。二人の運命を予感させるような仕上がりとなった。


メインキャストは不動明役に内山昂輝を起用。湯浅政明作品への出演は『ピンポン THE ANIMATION』のスマイル役以来となる。飛鳥了役には「ハイキュー!!」シリーズの村瀬歩が務める。
今回の起用について内山は「テレビで観られないようなものが観たい。普段ぼくが一観客として望んでいることの一つですが、正にそんなヤバいアニメが出来上がりつつあると思います。以前『ピンポン』でお世話になった方々とまた一緒にお仕事できること、本当に幸せなことです。早く『DEVILMANcrybaby』が世に出て、世界中の大人のみんなにびっくりしてほしいです」とコメント。
村瀬は「日本のマンガを代表する作品に参加させていただけるのが夢のようです。既に収録が始まっているのですが、毎回鮮烈な内容と攻めた表現に役者としても全力で挑ませていただいています。原作の色褪せない世界観が現代に蘇るとどうなるか楽しみにお待ちください。飛鳥了としての声が皆さんに届く日が僕自身とても楽しみです」と語っている。永井豪の名作を湯浅監督がどう映像化するのか、キャスト陣も心待ちにしているようだ。

湯浅監督は2017年5月公開の映画『夜明け告げるルーのうた』がアヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを獲得したばかり。『DEVILMAN crybaby』は吹替9ヶ国、字幕25ヶ国で制作され、190ヶ国での配信を予定している。全世界注目の本作は2018年初春にNetflixにて配信がスタートする。

『DEVILMAN crybaby』
2018 年初春 Netflix 全世界独占公開

[キャスト]
不動明:内山昂輝
飛鳥了:村瀬歩

[スタッフ]
STAFF ※赤字が更新事項となります
原作:永井豪「デビルマン」
監督:湯浅政明
脚本:大河内一楼
音楽:牛尾憲輔
キャラクターデザイン:倉島亜由美・押山清高
色彩設計:橋本 賢
美術監督:河野 羚
撮影監督:久野利和
編集:齋藤朱里
音響監督:木村絵里子
アニメーション制作:サイエンスSARU
Produced by Aniplex Inc. / Dynamic Planning Inc.
In Association with Netflix

(c)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集