花澤香菜、新宿に現れた“巨大ゴジラ”と2ショットが実現 | アニメ!アニメ!

花澤香菜、新宿に現れた“巨大ゴジラ”と2ショットが実現

ニュース

11月17日から公開がスタートする映画『GODZILLA 怪獣惑星』に登場するゴジラの巨大アートが、新宿住友ビルに登場した。
これは8月1日から10月9日に渡り開催される「新宿クリエイターズ・フェスタ2017」とのコラボの一環として登場したもので、オフィス街に突如出現した、インパクトのあるアート作品となっている。

「新宿クリエイターズ・フェスタ2017」とは、アートを通して新宿の魅力づくり、イメージアップを図り、新たな賑わいと活力づくりに取り組むプロジェクト。
新宿駅周辺の公共の空間・施設、民間施設などを活用することで、区民および来街者が文化・芸術に触れる機会を作ろうというのだ。
またゴジラといえば、2015年に新宿区から“新宿観光特使”に任命されており、歌舞伎町のTOHOシネマズ新宿には巨大なゴジラヘッドが飾られている。今回の巨大アートによって、新宿には2体目のゴジラが出現したことになる。

これを記念して、『GODZILLA 怪獣惑星』でヒロインのタニを演じる花澤香菜も新宿の街に登場、ゴジラとのツーショットが実現した。
「大好きなパン屋さんがあったので、よく来ていたんですよ。」と新宿について思い出を語った花澤は、ゴジラを見るとその大きさに驚くと同時に「映画をご覧いただくと、この大きさの“意味”がきっと分かると思います。ぜひ“大きさ”を体感してみて下さい」とコメント。
また「学生や外国の方など、たくさんの方が利用する新宿という街で、2体目のゴジラが現れて、こうして人の目に触れてもらうのは嬉しいです。これをきっかけに“アニメゴジラ”を知ってもらいたいですね!」とアピールした。

記念撮影では花澤のアイディアで“手乗りゴジラ”も実現した。「(新宿東宝ビルのゴジラヘッド)は、ただただ迫力があって怖いのですが、今回のゴジラはちょっとカワイイかも。夏休みなので、新宿に遊びにきてもらい、ぜひ“手乗りゴジラ”にチャレンジして、みなさんもSNSであげてみて下さいね」と新宿のゴジラを紹介している。

「新宿観光特使ゴジラ」ラッピング概要
設置場所:新宿住友ビル壁面(新宿区西新宿2-6-1)
設置期間:2017年8月1日(火)~11月17日(金)予定
掲出者:新宿区
協力:住友不動産株式会社、東宝株式会社、スリーエムジャパン株式会社
(C)2017 TOHO CO.,LTD.
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集