comicoとWOWOWがホラーマンガを共同制作 浪川大輔が出演するラジオも配信 | アニメ!アニメ!

comicoとWOWOWがホラーマンガを共同制作 浪川大輔が出演するラジオも配信

ニュース

8月1日、マンガ・ノベルサービスのcomicoと衛星放送などを行うWOWOWのコラボレーションが決定した。コラボマンガ『読んじゃいけない』と『標識学級』が順次配信される。それを記念して、8月11日には浪川大輔が出演するラジオ番組の配信も決まった。

今回のコラボはcomicoとWOWOWが共同コンテンツを制作する企画である。8月11日には原作・保木本真也、作画・佐渡流による『読んじゃいけない』、8月24日には原作・猪原健太、作画・ジライケンによる『標識学級』がcomicoとcomico PLUSにて配信される。

『読んじゃいけない』の主人公は入院中の男子高校生・宇崎良寿(うざき・いじゅ)。彼が通う学校ではcomicoのアプリ内に存在する作者不明の「読んじゃいけないマンガ」を読むと、災いが降りかかると言われる噂が流行っていた。そんなある日、実際にマンガを読んだ生徒から犠牲者が出てしまう。果たして本当にマンガによる呪いなのだろうか……。
『標識学級』は高校生の川田サキたち4人組が夜の学校で目を覚ますサバイバル・ホラー。4人は何が起きたのか状況を把握できないうちに、通行止の標識と飛び出し坊やの看板を発見する……。様々な標識が襲いかかるシュールな恐怖が見所となっている。

作品の公開を記念し、ラジオ番組の配信も決定した。ゲストには声優の浪川大輔、講談師の神田松之丞、『読んじゃいけない』原作者の保木本真也が出演する予定だ。
作品が生まれるまでの知られざるエピソードや、コラボのテーマであるホラーについて語り尽くしていく。番組は8月11日より「WOWOW × comico」プロジェクト紹介ページにて配信される。

『読んじゃいけない』
公開日:8月11日(金)~
話数:全12話

『標識学級』
公開日:8月24日(木)~
話数:全12話

(C)NHN comico Corp.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集