comicoの人気作「爪先の宇宙」が実写映画化 少女の成長を描く再起ストーリー | アニメ!アニメ!

comicoの人気作「爪先の宇宙」が実写映画化 少女の成長を描く再起ストーリー

ニュース

NHN comicoが提供するマンガ・ノベルサービス「comico(コミコ)」で連載中の少女マンガ『爪先の宇宙』が、2018年に実写映画化されることが決定した。
manniが原作を手がける『爪先の宇宙』は、親友との過去の出来事、親との関係で思っていることが口に出せなくなってしまった亜紀が、バイト仲間との出会いで、一歩ずつ少しずつ変わっていく姿が描かれる。「過去」「こころの声」「成長」をテーマにした作品だ。

毎週月曜日に更新している本作はすでに100話以上が発表されており、昨年にはTシャツやトートバッグといったグッズ展開も実施。2017年2月にはアパレルブランド・earth music&ecologyとコラボレーションを行い、パーカーを始めとする全9種のアイテムが発売となるなど、マンガの枠を飛び越えた人気を獲得している。

監督を務めるのは2016年に放送された黒木メイサ主演ドラマ『拝啓、民泊様。』や、映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』の谷内田彰久。脚本は谷内田とタッグを組むことの多い野村伸一が担当する。

本作の発表に合わせて、女性限定での映画出演権争奪オーディションの開催も明らかになった。
台詞付きの出演権をかけたこのオーディションは、ライブ配信プラットフォーム・SHOWROOMなどで開催。
7月21日から7月30日の期間に応募が行われ、その後7月27日から8月2日にオーディションイベントが実施される。
『爪先の宇宙』ファンはもちろん、役者を目指す人にとっても見逃せない企画となるだろう。

comicoから生まれ、さまざまなメディア展開に成長していった作品といえば、アニメや実写映画化で話題となった『ReLIFE リライフ』や、足立梨花が主演を務めた『傷だらけの悪魔』などがある。これらの人気作品に『爪先の宇宙』が続けるのか、引き続き注目していきたい。

【映画出演権争奪オーディション概要】
女性限定。映画出演権(台詞付き)をかけたオーディションをライブ配信プラットフォーム・SHOWROOM等で開催。
・応募期間
2017年7月21日(金) 12:00 ~ 2017年7月30日(月) 19:00
・イベント期間
2017年7月27日(木) 12:00 ~ 2017年8月2日(水) 20:59

●応募条件などの詳細は→ URL:https://www.showroom-live.com/event/comico_tsumasakinouchu


「爪先の宇宙」
原作:manni著「爪先の宇宙」
監督:谷内田彰久
脚本:野村伸一
公開:2018年予定
(C) manni /comico
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集