「マンガ出張編集部」65の編集部が参加 京まふ2017にて開催 | アニメ!アニメ!

「マンガ出張編集部」65の編集部が参加 京まふ2017にて開催

ニュース

西日本最大級のマンガ・アニメイベント「京都国際マンガ・アニメフェア2017(京まふ)」は9月16日と17日の二日間、みやこめっせ(京都市勧業館)ほかにて行われる。今回は新たに、マンガ家志望者に向けた「マンガ出張編集部」のスケジュール詳細が明らかになった。

「マンガ出張編集部」は出版社から第一線で活躍しているマンガ編集者を招き、マンガ家志望者が自分の作品を持ち込む機会を創出する企画である。西日本で最大規模の出張編集部であり、2012年に第1回がスタート。2017年から二日間に拡大し、現時点で65の編集部が参加する予定だ。
参加企業は講談社、集英社、小学館、NHN comico、コミックスマート、Cygames、少年画報社、マッグガーデン、新潮社、徳間書店、秋田書店、主婦の友社、新書館、一迅社、LINE、スクウェア・エニックス、KADOKAWAなどとなっている。大手出版社はもちろん、ネット企業やゲーム会社など、出版事業を行う企業も揃った。少年マンガはもちろん、青年マンガ、少女マンガ、WEBマンガと様々なジャンルの出版部に持ち込みができる。

特別企画として『うしおととら』初代担当編集者の武者正昭による「お悩み相談室」を開設。2015年、2016年にも開催され、人気を博した企画が今年も行われることになった。
なお武者は「マンガ出張編集部」と連携したアワード「京都国際漫画賞2017」の審査委員長も務めている。そのほか、ゲームキャラデザイナーの採用やアニメ制作業志望者への進路指導を実施するブース等も設置する予定だ。「マンガ出張編集部」の参加費は無料だが、事前申込が必要で、申込期間は9月17日までとなっている。

「マンガ出張編集部」
日時:2017年9月16日~17日(京都国際マンガ・アニメフェア2017内)
場所:みやこめっせ(京都市勧業館)
対象:京都市を中心とした関西圏のマンガを学ぶ学生、マンガ家志望者等 ※すでに商業誌等でデビューしている方の持ち込みも可能
参加費:無料 ※要事前申し込み
参加申込期間:2017年7月20日~9月17日

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集