ドワンゴ&カラーら3社、アニメ・CG制作会社「スタジオQ」設立 九州で人材育成を目指す | アニメ!アニメ!

ドワンゴ&カラーら3社、アニメ・CG制作会社「スタジオQ」設立 九州で人材育成を目指す

ニュース

ニコニコ動画をはじめインターネット上でのエンタテインメントコンテンツ運営を得意とするドワンゴと、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズで知られるアニメーション制作会社・カラー、そして麻生専門学校グループが、アニメ・CG制作会社「株式会社プロジェクトスタジオQ」を共同で設立した。

プロジェクトスタジオQでは、ネットとデジタルおよび若手育成も含めた人材を活かして、日本ならではの作品を送り出すために設立された。
代表取締役社長にはMAGES.の代表取締役社長も務める太田豊紀が就任。また創作管理統括という役職で庵野秀明も携わる。

社屋は福岡県福岡市に設立される。これはアニメ制作会社の87.1%が東京に集中している背景を踏まえ、まだ需要の少ない九州の地をプロジェクトの中心として考えたからだ。
東京では慢性的な人手不足という状況が続いているが、一方で地方では人材の育成ができない現状もある。プロジェクトスタジオQの存在が人材育成にどのような影響を及ぼすか、注目が集まる。

デザイナー・市古斉史が手がけた会社ロゴも公開された。社名にもあるアルファベットのQをあしらったロゴは、九州のQに加えてQuick(高速)、Quality(品質)のなどの意味が込められている。

創作管理統括に就いた庵野は「この3社プロジェクトにより、わずかでも現地産業に貢献し、人材を活かし、少しでもアニメCG業界を手助けし、ちょっとでも作品クオリティーを押し進める事が出来れば、幸いです」とコメントしている。
やはり地方での若手クリエイターの発掘、そして育成はプロジェクトスタジオQの大きな目標となるようだ。

ドワンゴの代表取締役会長川上量生は、日本らしいCGアニメーションの手法の確立はまだできていないと考えており、 「ネットの時代、デジタルの時代、どこにいても作品が作れる時代で、スタジオQの活躍に期待しています」と語る。
史上としての成長を続ける中、人材の面では多くの課題を抱えるアニメ産業。そこに風穴を開けることが、スタジオQの大きなミッションとなるだろう。

株式会社プロジェクトスタジオQ
・代表者:代表取締役社長 太田 豊紀
・役員:取締役 小林 浩康
取締役 麻生 健
・創作管理統括:庵野 秀明
・住所:福岡県福岡市博多区博多駅南1-8-12
・設立:2017年7月3日
・事業内容:アニメ・CG作品の制作

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集