「銀魂」原作“万事屋”が実写映画の宣伝に乱入! 不平不満をぶちまける珍予告編 | アニメ!アニメ!

「銀魂」原作“万事屋”が実写映画の宣伝に乱入! 不平不満をぶちまける珍予告編

ニュース

7月14日に実写映画の全国公開を迎える『銀魂』。7月4日には原作コミック第69巻が発売されたが、主人公の坂田銀時ら“万事屋銀ちゃん”の面々は原作宣伝の不遇ぶりに不満を抱いているのだという。このたびそんな複雑な想いを抱える彼らが映画の予告編に乱入し、不平不満をぶちまける“珍予告編”がお披露目となった。

銀時を原作のイメージそのままに演じる小栗旬が登場し、実写映画の予告編がスタート…と思いきや、すぐに「いや~実写映画盛り上がってるなぁ~」と話し始める銀時(CV:杉田智和)が乱入。続けて「CM もバンバン流れてるアル!」と語る神楽(CV:釘宮理恵)、「本当ですね!」と合わせる志村新八(CV:阪口大助)も加わり、一声目まではお祝いムードが漂う。
しかし銀時から「原作の方ももっと宣伝して盛り上げて欲しいよね、ホント…」という恨み節が飛び出すと、一転して神楽から「汚い大人たちは動く金が大きい映画に掛り切りでそんな暇ないネ」との不満が爆発。「だったらここでお知らせしましょうよ」と提案した新八に続いて「え~『銀魂』69巻、実写版の原作のコミックス69巻、絶賛発売中!」と無理やり告知が始まり、しまいには映画の公開日表記が「JC『銀魂』 空知英秋 第69巻 発売中!!」の文言で隠されてしまう。ファンの期待を裏切らない万事屋のメンバーらしい、映画『銀魂』の予告編をジャンプ・コミックス『銀魂』がジャックしてしまう珍予告編となっている。

虚が率いる解放軍の地球制圧が始まるなか、苦戦を強いられている万事屋メンバーが旧幕府軍や真選組、かつて争った仲間たち、そしてかぶき町の人々と共闘するという熱いストーリーが収録されている『銀魂』69巻。盛り上がる実写映画だけでなく、原作コミックスでの“万事屋銀ちゃん”の活躍からも目が離せない。



(C)空知英秋/集英社 (C)2017 映画「銀魂」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集