「フリクリ」新作が2018年に劇場公開決定 総監督に本広克行、the pillowsが再び楽曲提供 | アニメ!アニメ!

「フリクリ」新作が2018年に劇場公開決定 総監督に本広克行、the pillowsが再び楽曲提供

ニュース アニメ

ガイナックスとProduction I.GによるOVA作品『フリクリ』の続編が、新作劇場アニメーションとして2018年に公開されることが分かった。この発表は7月1日より開催中の米ANIME EXPOイベント会場で行われ、ディザービジュアルなども公開となった。

『フリクリ』は、「エヴァンゲリオン」に続くガイナックスの新作として企画され、2000年から2001年にかけて全6巻のOVAシリーズとしてリリースされた作品。ガイナックス20周年記念作品『トップをねらえ2!』や『エヴァンゲリオン新劇場版』を手がけた鶴巻和哉氏の初監督作でもある。国内でのDVD販売数は累計25万本を記録しており、2003年のカナダ・ファンタジア映画祭でアニメーション部門銅賞を受賞するなど、海外からの評価も高い。

新作の制作にあたって、OVAシリーズで監督を務めた鶴巻和哉氏はスーパーバイザーとして参加、キャラクター原案は引き続き貞本義行氏が務める。また、総監督として本広克行氏、脚本について岩井秀人氏が今回新たに加わった。アニメーション制作には、前作を手がけたProduction I.Gが再び参加する。

そして前作で多くの楽曲を手がけたthe pillowsが、今回も音楽で新作を彩ることとなった。the pillowsのメンバー、山中さわお氏は「とりあえず大きな声で『イェーイ!!』って」と喜びをあらわし、「『フリクリ』のことを考えて曲を作りました。この話がなければ、僕らの中からは絶対に生まれることのなかった曲なんですよ。特に歌詞とかは。なのでとっても気に入っています。これから僕らの代表曲となるものが生み出されたことに幸せに感じています」とコメント。真鍋吉明氏も16年を経て声がかかったことについて「16年って結構長い期間なので、バンドをやっていて『よかったね』というのはありますね」と、佐藤シンイチロウ氏は「the pillowsと『フリクリ』をイコールで考えていただいて。いまだ縁があってうれしいな」と、それぞれ前作に引き続き楽曲提供ができることのうれしさを語った。

20年近くの時を経て、再び動き出す『フリクリ』の世界に、要注目だ。

劇場版『フリクリ2』『フリクリ3』 
2018年全国公開  
配給: 東宝映像事業部
Illustration by Chikashi Kubota
(C) 2018 Production I.G / 東宝
《古戸圭一朗》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集