ディズニー/ピクサー最新作「リメンバー・ミー」初の特報映像公開 | アニメ!アニメ!

ディズニー/ピクサー最新作「リメンバー・ミー」初の特報映像公開

ニュース

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • (C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
2018年3月16日に公開される、ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』の特報映像がお披露目となった。本作において、映像の発表は今回が初めてだ。また同時に新たな場面カットとして、ガイコツたちのコミカルなビジュアルも披露。公開へ期待の高まる情報がそろった。

言わずと知れたヒット作『トイ・ストーリー』の“おもちゃの世界”をはじめ、さまざまなイマジネーションあふれる「世界」を描き続けてきたディズニー/ピクサー。最新作となる『リメンバー・ミー』で描かれるのは、“死者たちの世界”だ。本作の主人公は、ギターの天才少年・ミゲル。音楽が大好きなミゲルだが、彼の一族は過去に起こった悲しい出来事が理由で、音楽が禁じられている。そんな彼が、ある日憧れのミュージシャン、デラクルスのギターを手にしたことをきっかけに、今回の物語は動き出す。

特報映像ではミゲルが家族に隠れ、故・デラクルスが演奏する映像を真似てギターを奏でる場面からはじまる。そして、ある日デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にし弾いた次の瞬間、ミゲルはガイコツたちが暮らす“死者の国”へ迷い込んでしまう。混乱するミゲルの前に現れたのは、ガイコツになった、彼のご先祖たち。ミゲルは無事に元の世界に戻ることができるのか。その命運を握るカギは、タイトルでもあるデラクルスのバラード“リメンバー・ミー”だという。

美しいアニメーションで描かれる、まるでテーマパークのような”死者の国”、そしてユーモアたっぷりでコミカルなガイコツたちは、見ていてとても楽しく魅力的だ。また、本作では「音楽」が重要なキーワードであるとともに、製作総指揮のジョン・ラセターによるとメキシコの祝日で、先祖たちを思い出し、彼らがこの世に戻ってくることを祝福する”死者の日”が題材となっている。ラセターは、日本では「お盆」にあたるこのような風習は「どの国でも変わらない普遍的な事柄」と前置きし「思い出を風化させないこと、家族の次の世代、また次の世代へと思い出を生かし続けていくことが何より大切」であり、それが本作のテーマだと語る。

総指揮をとるラセターのほか、本作には『トイストーリー3』を手がけたリー・アンクリッチが監督として、ダーラ・K・アンダーソンがプロデューサーとして、製作陣に名を連ねる。タイトル、そして劇中の曲名“リメンバー・ミー”はどのように物語のカギとなるのか、またそれを通してラセターのいうテーマがいかに描かれるのか、期待が膨らむ作品だ。



『リメンバー・ミー』
2018年3月16日(金)全国公開
(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
《古戸圭一朗》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集