「金田一少年の事件簿」25周年記念作品が連載 本編とクロスオーバーした謎解きイベントも | アニメ!アニメ!

「金田一少年の事件簿」25周年記念作品が連載 本編とクロスオーバーした謎解きイベントも

ニュース

1992年に連載が開始され、今年25周年を迎えた『金田一少年の事件簿』シリーズ。これを記念した作品『金田一少年の事件簿 R「金田一二三誘拐殺人事件」』が、7月5日発売の 「週刊少年マガジン」31号よりスタートする。

『金田一少年の事件簿』シリーズは、コミック累計販売部数9,000万部を超える。これまでにテレビドラマや映画、アニメ、ゲームなど、さまざまな分野に進出してきた国民的作品だ。
今回の25周年記念作品「金田一二三誘拐殺人事件」は、京王電鉄や東京都交通局とコラボレーション。連載開始日の7月5日から10月11日までまでの期間、連載本編とクロスオーバーした、謎解きイベント「金田一少年の事件簿 R(リターンズ)呪いの手紙の秘密」も同時に楽しめる。

この謎解きイベントは、駅で配布する冊子に記載された謎を解きつつ、京王線・井の頭線・都営地下鉄の沿線を回って手がかりを集めていく。そしてヒロインである七瀬美雪に「呪いの手紙」を送った犯人を見つけ出していくのだ。
謎解きラリー冊子は京王線・井の頭線の各駅、都営地下鉄の各駅、および日暮里・舎人ライナー「日暮里駅」「西日暮里駅」で入手できる。また特設サイトから印刷することも可能だ。
謎解きイベントはオリジナルストーリーで展開され、最後には参加者自身が犯人を見つけ出すことになる。クリアした段階に応じて、さまざまな商品が当たる抽選にも参加できる。

合せて期間中は、京王線・井の頭線のそれぞれ1編成にオリジナルヘッドマークが、都営地下鉄新宿線の1編成にオリジナルステッカーが付いた記念車両が登場する。
最後に犯人を見つけ出すことができた人には、このヘッドマーク・ステッカープレートが当たる抽選にも応募できる。ヘッドマーク・ステッカープレートは、どちらも駅員のコスチュームを来た金田一一と七瀬美雪を描いた貴重なアイテムだ。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集