「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」2018年初春公開決定 新ビジュアル&特報も | アニメ!アニメ!

「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」2018年初春公開決定 新ビジュアル&特報も

ニュース

アニメ『文豪ストレイドッグス』の劇場版について、新情報が明らかになった。タイトルは『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』に決定、公開時期は2018年初春を予定している。このたび新ビジュアルや特報映像も披露された。

『文豪ストレイドッグス』は「ヤングエース」で2013年より連載されているマンガ。原作を朝霧カフカ、作画を春河35が担当し、シリーズ累計480万部を突破している人気作品だ。
2016年にはテレビアニメ化し、2クールにわたって全24話が放送された。その後もスピンオフの小説やコミカライズが展開され、舞台化やアプリゲームの制作も発表されている。

2017年2月に行われたイベント「迷ヰ犬達ノ宴 其ノ弐」では、劇場版の制作を告知。今回の情報で、『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』という本作のタイトルが発表された。これに併せて、主人公の中島敦をはじめ、太宰治、芥川龍之介、中原中也の4人が描かれた新ビジュアルも披露。特報映像も公開し、2018年初春全国ロードショーであることも明らかになった。
劇場版のスタッフは、テレビシリーズに引き続き監督を五十嵐卓哉、脚本を榎戸洋司が務める。キャラクターデザインと総作画監督も新井伸浩が担当し、アニメーション制作もボンズが行う。さらに原作者である朝霧カフカが脚本協力という、豪華な布陣だ。
キャストもテレビアニメから続投となり、ビジュアルに描かれている4人の出演が明らかになっている。



(c)2018 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグスDA 製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集