「ドラゴンボール超」悟空とフリーザが仲間に? 第93話先行場面カット公開 | アニメ!アニメ!

「ドラゴンボール超」悟空とフリーザが仲間に? 第93話先行場面カット公開

ニュース

TVアニメ『ドラゴンボール超』は「宇宙サバイバル編」を放送中だ。このたび、6月4日放送の第93話「10人目の戦士はおめえだ!悟空フリーザのもとへ!!」の先行場面カットが発表された。第6宇宙の女性サイヤ人戦士たちが超サイヤ人になった様子や、孫悟空の宿敵であるフリーザの姿が確認できる。

悟空は「フリーザを10人目のメンバーにする」という驚きの発言を口にする。死人が24時間だけ地上におりられる日を利用し、時間制限つきでフリーザを復活させようと考えていたのだ。ベジータをはじめとする一同は強く反発したものの、強敵揃いの「力の大会」で生き残る確率を上げるためには、フリーザの力は必要だという結論に傾く。早速フリーザに会うべく、悟空は閻魔大王のもとへ瞬間移動して事情を説明する。そしてフリーザと対面すべく地獄へ向かうのだった……。
予告編では悟空とフリーザが相見えるシーンが登場。「力の大会」の参加にフリーザはとんでもない条件を突きつけるとのこと。一体どんな内容なのだろうか。先行場面カットには第6宇宙の女性サイヤ人戦士であるカリフラたちも映し出されている。第7宇宙に立ちはだかる彼女たちの動向も気になるところだ。フリーザの復活や、新たなライバルの登場でファンの期待も高まっていく。


『ドラゴンボール超』の「宇宙サバイバル編」は2017年2月にスタートした新章である。悟空に申し出によって全王様主催の武道大会「力の大会」が開催されるというストーリーだ。負けてしまった宇宙は消滅させられてしまうため、悟空は第7宇宙の代表メンバー10人を集めるために奔走している。

『ドラゴンボール超』

(c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集