「週刊少年ジャンプ展」VOL.1は『聖闘士星矢』や『ドラゴンボール』など黎明期を支えた63作品を展示 | アニメ!アニメ!

「週刊少年ジャンプ展」VOL.1は『聖闘士星矢』や『ドラゴンボール』など黎明期を支えた63作品を展示

ニュース

1968年に創刊し、数々の少年マンガを生み出してきたマンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」が、2018年で50周年という大きな節目を迎える。それを記念し開催される展覧会「創刊 50 周年記念 週刊少年ジャンプ展」から第1回目「VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」の展示内容や詳細が発表された。

集英社から刊行されている「週刊少年ジャンプ」は、日本のマンガ文化において、かかすことのできない存在だ。50年近くの発行を通じて少年マンガに留まらず、日本のマンガ文化に与え続けてきた。
3回にわたって行われる展覧会の第1回目「VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」では、『男一匹ガキ大将』(本宮ひろ志 )をはじめ、『聖闘士星矢』(車田正美)、『北斗の拳』(武論尊・原哲夫)、『キン肉マン』(ゆでたまご)、『DRAGON BALL』(鳥山明)など63作品を取り上げる。貴重な原画の展示や会場限定の映像シアターなどを通して、ジャンプの黎明期を支えた数々の作品を紹介する豪華内容となっている。

また、2018年に開催予定の「VOL.2 1990年代、発行部数653万部の衝撃」、「VOL.3 2000年代~、進化する最強雑誌の現在」についての情報も公開。「VOL.2」では、『SLAM DUNK』、『幽☆遊☆白書』、『るろうに剣心』、『遊☆戯☆王』、「VOL.3」では『ONE PIECE』『NARUTO-ナルト-』、『DEATH NOTE』『ハイキュー!!』、『暗殺教室』などがそれぞれ登場する。

これらの情報は、5月8日発売の「週刊少年ジャンプ」23号にも記載されている。また、今後の展開や詳細についても、ジャンプ本誌や「週刊少年ジャンプ展」公式サイトにて発表予定だ。

「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」は、2017年7月18日~10月15日にかけて開催。チケット情報等については、公式サイトにて確認できる。

「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」
開催期間:2017年7月18日(火)~ 10月15日(日)※会期中無休
会場:森アーツセンターギャラリー(東京都港区6-10-1六本木ヒルズ森タワー52階)

(C)2017 Go Nagai / Dynamic Production (C)BUICHI TERASAWA/A-GIRL RIGHTS (C)池沢さとし (C)今泉伸二 (C)江口寿史 (C)貝塚ひろし (C)鏡丈二・金井たつお (C)梶原一騎・井上コオ (C)小林よしのり (C)コンタロウ (C)新沢基栄 (C)ちばあきお (C)次原隆二/NSP 1982 (C)寺島優・小谷憲一 (C)遠崎史朗・中島徳博/太田出版 (C)とりいかずよし (C)中沢啓治 (C)にわのまこと (C)土方茂 (C)平松伸二 (C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 (C)北条司/NSP 1981 (C)北条司/NSP 1985 (C)星野之宣 (C)巻来功士 (C)諸星大二郎 (C)山川惣治・川崎のぼる (C)ゆでたまご (C)吉沢やすみ/オフィス安井 (C)秋本治・アトリエびーだま/集英社 (C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社 (C)江川達也/集英社 (C)えんどコイチ/集英社 (C)桂正和/集英社 (C)牛次郎・リュウプロ/集英社 (C)車田正美/集英社 (C)佐藤正/集英社 (C)三条陸・稲田浩司/集英社 (C)SQUARE ENIX (C)高橋陽一/集英社 (C)高橋よしひろ/集英社 (C)徳弘正也/集英社 (C)鳥山明/集英社 (C)バードスタジオ/集英社 (C)萩原一至/集英社 (C)武論尊・平松伸二/集英社 (C)宮下あきら/集英社 (C)本宮ひろ志/集英社 (C)森田まさのり/集英社
《古戸圭一朗》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集