コロコロ×スカイツリーのコラボビジュアル公開、カフェメニューも明らかに | アニメ!アニメ!

コロコロ×スカイツリーのコラボビジュアル公開、カフェメニューも明らかに

「月刊コロコロコミック」40周年 レジェンドキャラたちがスカイツリータウンに集結

ニュース
その時代の子どもたちの心をとらえて離さない漫画雑誌「月刊コロコロコミック」。2017年4月14日発売号で40周年、累計発行部数4億冊を記録したことを記念して東京スカイツリータウンにドラえもんのほか、名キャラクターたちが集結したビジュアルが公開された。さらに、東京ソラマチ(R)イーストヤードにて、5月13日から9月3日まで「コロコロコミック伝説カフェ ~40th Anniversary~」が期間限定でオープンすることも発表された。

「月刊コロコロコミック」は1977年4月15日に小学館から創刊された小学生向けの漫画雑誌だ。『ドラえもん』などの日本人なら誰もが知っているキャラクター、そして『ポケットモンスター』などのゲームを題材にしたもの、『おぼっちゃまくん』や『つるピカハゲ丸』などの名キャラクターたちが活躍するものなど、その時代に応じた漫画を掲載し、長年に渡って子どもたちの心を掴んで離さない雑誌となっている。

そんな『月刊コロコロコミック』が40周年を記念し、ドラえもんを筆頭にコロコロコミックのキャラクター達が東京スカイツリータウンに押し寄せてきたかのようなビジュアルが披露された。「総力をあげてお祭り騒ぎをしたい」というコロコロコミック編集部の気持ちが伝わってくるかのようなビジュアルとなっている。
コラボカフェのメニューも充実している。『つるピカハゲ丸』より“肉なし?つるセコ大豆 バーグカレー”、『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』より“ピカチュウ、キミにきめた!こっち向いてよカボ チャパスタ”など、14種類のメニューが登場。カフェには物販コーナーもあり、お菓子や、ウォールキャンバス、アクリルキーホルダーなど子どもから「かつての子どもたち」まで楽しめるラインナップがそろっている。

期間内のタウンにおいて、人気キャラクタースタンプを集めると記念シールがもらえるスタンプラリーも開催される上に、創刊号から最新号まで歴代のコロコロコミック表紙が勢ぞろいの館内展示も実施。幅広い世代が楽しめる「お祭り」となっている。

(c)青木たかお・足立たかふみ・穴久保幸作・有賀・井上桃太・樫本学ヴ・河合じゅんじ・小西紀行・こしたてつひろ・小林よしのり・沢田ユキオ・すがやみつる・曽山一寿・たかはしひでやす・鷹岬諒・武内いぶき・田村光久・土田しんのすけ・徳田ザウルス・ながいのりあき・永井ゆうじ・ながとしやすなり・のむらしんぼ・橋口隆志・ひかわ博一・ひのでや参吉・松本しげのぶ・むぎわらしんたろう・村瀬範行・森多ヒロ・やぶのてんや・吉もと誠・萬屋不死身之介・Moo.念平/小学館 (c)藤子プロ・小学館 (c)2017 Nintendo (c)BANDAI (c)bushiroad All Rights Reserved. (c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. (c)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. (c)HAL Laboratory, Inc. / Nintendo. (c)Hiro Morita, BBBProject, TV TOKYO (c)LEVEL5-Inc. (c)Nintendo (c)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (c)Pokemon (c)2017 ピカチュウプロジェクト (c)TAMIYA (c)TOMY (c)TOMY/Shogakukan TM & (c) Wizards of the Coast/Shogakukan/Mitsui-Kids (c)TOKYO-SKYTREETOWN
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集