タツノコプロ55周年記念、「ドテラマン」「マッハGoGoGo」「怪盗きらめきマン」全話入りBlu-rayに登場 | アニメ!アニメ!

タツノコプロ55周年記念、「ドテラマン」「マッハGoGoGo」「怪盗きらめきマン」全話入りBlu-rayに登場

ニュース

タツノコプロの創立55周年を記念した期間限定生産商品として、『ドテラマン』『マッハGoGoGo(97年版)』『タイムボカン2000怪盗きらめきマン』の全話入りBlu-rayが発売となった。
本商品はエー・アール・シーが展開する「全話入りブルーレイシリーズ」の一環として登場する。シリーズ全話をBlu-ray1枚に収録し、ディスクの入れ替えなしですべてを楽しめる商品である。
画質はオリジナルマスターを反映したDVD仕様画質となっており、オープニング、エンディングのテーマソングは第1話首巻及び最終話終巻にのみ収録される。

1986年に放送された『ドテラマン』はドテラをまとって変身する異色のヒーロー・ドテラマンと鬼を操るインチ鬼大王の戦いを描くヒーローギャグコメディ作品。
放映当時まだ珍しかった音声多重放送を行い、副音声によって本来とは別の台詞が聞けるという画期的な試みも注目された。

『マッハGoGoGo(97年版)』は1967年放送の同名テレビシリーズのリメイク作品となる。主役マシンであるマッハ号や設定の一部は残っていたが、キャラクターやストーリーは一新されていた。
特に物語の後半は時間を超え様々な時代を巡るタイムスリップ・アクションへとシフトし、視聴者を驚かせた。

そして2000年に放送された『タイムボカン2000怪盗きらめきマン』は、前作から17年ぶりに復活した、第8のタイムボカンシリーズとしてファンを楽しませた作品だ。
シリーズおなじみの要素は踏襲しつつ、主人公側が宝を盗む怪盗、それまで悪者として描かれていた3人組は主人公を追う警察官という、善悪逆転の設定が特徴だ。

Blu-ray3作品はいずれも4月21日から発売がスタートしており、価格は『ドテラマン』が10,000円(税別)、『マッハGoGoGo(97年版)』が14,000円(税別)、『タイムボカン2000怪盗きらめきマン』が10,000円(税別)となっている。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集