TVアニメ「ひとりじめマイヒーロー」7月より放送 “教師×生徒”と“幼なじみ”の絆を描く | アニメ!アニメ!

TVアニメ「ひとりじめマイヒーロー」7月より放送 “教師×生徒”と“幼なじみ”の絆を描く

ニュース

『ひとりじめマイヒーロー』のTVアニメが2017年7月より放送開始となることが決定。アニメ公式サイトにてティザービジュアルとイメージPVが公開された。原作のありいめめこより、コメントと描き下ろしイラストも到着している。

『ひとりじめマイヒーロー』の原作は、「ボーイ・meets・ボーイ」の名士・ありいめめこが手掛ける同名マンガ。一迅社「gateau」にて連載されている。
喧嘩が強く「熊殺し」の通り名を持つ数学教師・大柴康介、料理が得意で世話焼きのヘタレヤンキー・勢多川正広。さらに康介の弟で明るく屈託のない性格の大柴健介、イケメン優等生で健介とは小学生からの幼なじみである支倉麻也という4人が、それぞれのかけがえのない相手(ヒーロー)に出会い、“教師×生徒”と“幼なじみ”という2つの「絆」を紡いでいく物語だ。

TVアニメが本格始動を迎えることについて、原作を手掛けるありいめめこは「こんにちはありいです!!「ひとりじめシリーズ」がなんとアニメ化ですよ!!すごいですねー!!私事ですがアニメというもののファンとしてアニメーションが出来上がっていく様子を間近で見られて、しかも関わってくださるみなさん素敵な方々ばかりで、とっっっても嬉しいです!!!」とコメント。
「何度も何度も何度も繰り返しお伝えしていることなのですがみなさんが買ったり読んだり楽しんでくださったおかげです。本当に本当にありがとうございます」と感謝を述べつつ、「きっと楽しいものに出来上がっていくかと思いますのでどうぞ楽しみになさっていてください!」とのメッセージを寄せた。

4月17日よりオープンしたアニメ公式サイトでは、4人のメインキャラクターが描かれたティザービジュアルとイメージPVが公開された。制作スタッフやキャスト陣など、今後の情報発信にも期待が集まりそうだ。



『ひとりじめマイヒーロー』
(C)ありいめめこ・一迅社/「ひとりじめマイヒーロー」製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集