「メアリと魔女の花」天海祐希、小日向文世、満島ひかりら追加キャスト発表 | アニメ!アニメ!

「メアリと魔女の花」天海祐希、小日向文世、満島ひかりら追加キャスト発表

ニュース

スタジオジブリの名作『借りぐらしのアリエッティ』で鮮烈な監督デビューを果たした米林宏昌。その最新作『メアリと魔女の花』の公開の7月にせまる中、いよいよ追加キャストが発表され、その豪華な顔ぶれに注目が集まっている。
既に発表されていた主演の杉咲花に続いて、天海祐希、小日向文世、満島ひかり、佐藤二朗、渡辺えり、そして大竹しのぶと日本映画界において欠かせない俳優たちの出演が発表された。

天海が演じるのはマダム・マンブルチューク。メアリが迷い込む魔法世界の最高学府エンドア大学の校長だ。天海は「米林監督の作品にお声をかけて頂き、とても光栄に思っています」と今回のオファーを喜ぶコメントを寄せている。さらに、「私自身、頂いた脚本を読み、元気と勇気を頂きました」と本作について語っている。
小日向が演じるのはエンドア大学の科学者ドクター・デイだ。小日向は今回、アニメの声優に初挑戦。「初めてアニメーションの声に挑戦出来る事をとても楽しみにしています」と声優初挑戦について意欲を見せている。「魔法科学者ドクター・デイの見た目のキャラクターが、とても面白くて嬉しくなりました」と早くも役に愛着を持っている様子だ。

若手演技派と名高い満島が演じるのは魔女の国から禁断の花を盗み出した赤毛の魔女だ。「魅力的な共演者のみなさんとの声での共演、とても楽しみです」とコメント。本作については「少女のような希望と強さを持って、物語に心おどる魔法をかけたいと思います。予告編を見て、どきどきしています」と語っている。
エンドア大学のほうきの番人フラナガン役の佐藤は、「思い切りチャーミングで力強さ溢れる作品になると思います。ご期待ください」とコメント。そして、メアリが住む赤い館のお手伝いさんバンクス役の渡辺は「凛々しく、自立した精神の持ち主の少女のストーリーも大好き!!私もメアリと一緒に霧深き森の中で冒険します!!」とベテラン2名も本作を楽しみにしている様子だ。
『借りぐらしのアリエッティ』に続いて二度目の米林作品の参加となる大竹はメアリの大叔母・シャーロットを演じる。「この美しい世界は、もしかしたら本当に存在するのかもしれない。そう思わせてくれた「借りぐらしのアリエッティ」。米林監督の繊細で美しい映像に、また参加出来る喜びでいっぱいです」と米林の世界観にほれ込んでいるコメントを寄せている。

また今回、4月15日から全国の映画館で上映される最新予告編映像も届いた。少しずつ姿を見せて来た本作の世界観。公開の7月8日が待ち遠しいところだ。




『メアリと魔女の花』
2017年7月8日公開

(C) 2017「メアリと魔女の花」製作委員会
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集