米林宏昌監督「メアリと魔女の花」ヒロイン・メアリ役は杉咲花に決定 | アニメ!アニメ!

米林宏昌監督「メアリと魔女の花」ヒロイン・メアリ役は杉咲花に決定

ニュース

米アカデミー賞ノミネート『思い出のマーニー』の公開から3年。『借りぐらしのアリエッティ』でその年の邦映画興行収入No1を記録し、スタジオジブリで鮮烈な監督デビューを飾った米林宏昌監督。
ジブリ退社後、新拠点スタジオポノック制作第一回最新作『メアリと魔女の花』の主人公、メアリを演じるのが若手女優・杉咲花に決定した。気鋭の監督である米林と今、最も旬な若手女優のひとりである杉咲のタッグということで、早くも注目を集めている。

米林の最新作『メアリと魔女の花』は7年に1度しか咲かない禁断の花“夜間飛行”を見つけたメアリは一夜限りの不思議な力を手に入れ、雲海がそびえた立つ魔女の国へと飛び立つという誰もが楽しめる冒険ファンタジー超大作となっている。
そしてそんな本作の主演を務める杉咲は『湯を沸かすほどの熱い愛』で報知映画賞・ブルーリボン賞など主要な映画賞を総ナメにしている若手女優だ。またNHKの朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の三女小橋美子を好演し、幅広い年齢層から支持を得ている。

プロデューサーの西村は1秒のアニメーションも出来ていない段階で「頭に浮かんだのが杉咲花さんだった」と語り、すぐに米林に提案したという。米林も同意したという。そんな杉咲は数あるジブリ作品の中でも『借りぐらしのアリエッティ』がジブリ作品の中でも一番好きだと公言しており、米林監督の作品に関わるのは『思い出のマーニー』以来2度目だ。
「ジブリ作品の志を受け継いだ、スタジオポノックの長編アニメーション第一作目に携われることは、私にとって飛びっきりのサプライズでした」と喜びを語っている。主人公のメアリに関しては「決して器用な人ではないのですが、誰かのために一生懸命頑張ろうとする姿はすごく魅力的だと感じた」と語り、「素敵な作品を、自信を持って皆様にお届けできるように頑張ります。メアリに“花”咲かせます!」とタイトルと自身の名前にかけた決意表明を行っている。

予告映像も公開され、いよいよその全容を見せ始めた本作。その待望の公開は7月8日となっている。




『メアリと魔女の花』
2017年7月8日公開

(C) 2017「メアリと魔女の花」製作委員会
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集