舞台「K -MISSING KINGS-」2017年10月、東京・京都にて上演決定 シリーズ第4弾 | アニメ!アニメ!

舞台「K -MISSING KINGS-」2017年10月、東京・京都にて上演決定 シリーズ第4弾

ニュース

GoRA×GoHands原作のオリジナルアニメ『K』の舞台第4弾となる『K -MISSING KINGS-』の上演が決定した。東京・京都にて2017年10月に上演予定だ。

『K』は、7人の小説家による創作者集団・GoRAとアニメ制作会社のGoHandsが手がけるオリジナルTVアニメ。2012年10月にアニメ第1期が放送され、2014年には劇場作品『劇場版K MISSING KINGS』が公開、さらに2015年にアニメ第2期『K RETURN OF KINGS』が放送されている。
現実と少し異なる歴史を歩んだ、パラレルワールドの現代日本を舞台に、7人の〈王〉という存在それぞれの確執とそれに巻き込まれていく少年たちを描いた異能バトル作品だ。アニメのみならず、コミカライズや原作のGoRAによるノベライズ、そして舞台など、さまざまなメディアミックス展開を行った。

舞台は第1弾「舞台『K』」が2014年8月、第2弾「-AROUSAL OF KING-」が2015年8月、第3弾「-Last Small World-」が2016年7月と、おおよそ1年ごとに新作を上演している。
この度発表された第4弾『K -MISSING KINGS-』は、2014年に公開された劇場作品『劇場版K MISSING KINGS』を舞台化するもの。ストーリーとしてはTVアニメ第1期の最終話の後、「白銀のクランズマン」である夜刀神狗朗(クロ)がネコと呼ばれる少女とともに主である伊佐那社(シロ)の行方を探す物語が描かれる。

今回の舞台では、第1弾から夜刀神狗朗を演じる荒牧慶彦が主演を務め、狗朗の宿敵であり兄弟子の御芍神紫には佐々木喜英が決定している。他のキャスト陣については、決定次第随時発表されていく予定だ。

公演日時は、京都公演が2017年10月19日(木)~22日(日)、東京公演が2017年10月27日(金)~29日(日)となっている。チケットについては後日発表されるので、公式サイトなどで追加情報をこまめにチェックしたい。


■舞台『K-MISSING KINGS-』
原作: GoRA×GoHands 『劇場版 K MISSING KINGS』
脚本・演出: 末満健一
出演: 荒牧慶彦(夜刀神 狗朗 役)/佐々木喜英(御芍神 紫 役)
劇場: 京都劇場(京都市下京区烏丸通塩小路下る 京都駅ビル内)
   天王洲 銀河劇場(品川区東品川2-3-16 シーフォートスクエア内2階)
公演日程: 京都/2017年10月19日(木)~22日(日) 
     東京/2017年10月27日(金)~29日(日)
チケット: 後日発表

■公演に関するお問い合わせ: 
マーベラス  ユーザーサポート
TEL:0120-57-7405 (土日祝日 弊社指定日除く 11:00~17:00 ※GW休業 5/3~5/7)

(C) GoRA・GoHands/k-project (C) GoRA・GoHands/stage k-project
《古戸圭一朗》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「夜は短し歩けよ乙女」関西で舞台挨拶決定 京都には原作者・森見登美彦も登壇 画像 「夜は短し歩けよ乙女」関西で舞台挨拶決定 京都には原作者・森見登美彦も登壇
  • 「Fate/Grand Order」舞台化決定 アプリでは「Fate/EXTRA CCC」コラボも 画像 「Fate/Grand Order」舞台化決定 アプリでは「Fate/EXTRA CCC」コラボも
  • 「劇場版 黒子のバスケ」 初日、小野賢章らキャスト9人が集結 画像 「劇場版 黒子のバスケ」 初日、小野賢章らキャスト9人が集結

特集