「カードキャプターさくら」新作アニメがコミックス特装版で登場 キービジュアル&PV公開 | アニメ!アニメ!

「カードキャプターさくら」新作アニメがコミックス特装版で登場 キービジュアル&PV公開

ニュース

CLAMP原作でTVアニメ化や映画化など、さまざまな展開を見せ、多くのファンを獲得した『カードキャプターさくら』。2018年に新作TVアニメシリーズが放送されることが発表され、ファンを喜ばせている本作。今回、その放送に先駆けて、コミックスの特装版のために新作アニメが制作されることが発表された。それに伴い、キービジュアルとPVが公開され、早くも話題を呼んでいる。

本作は講談社の少女漫画雑誌「なかよし」にて1996年から2000年まで連載された作品だ。単行本12冊、全50話で構成されている。小学校4年生の木之本桜が不思議な本を見つけ、そこに封印されていた魔法のカードを回収するため、「カードキャプター」となって事件を解決していくという展開だ。アニメは1998年からNHK衛星第2テレビで放送され、1999年からは地上波のNHK教育テレビでも放送された。脚本の大半を原作であるCLAMPの大川七瀬が手掛けたことも話題を呼んだ。

2018年からアニメ化されるのは、2016年からなかよしにて連載開始20周年を記念して掲載されている「クリアカード編」だ。2017年9月13日に発売される「クリアカード編」3巻の特装版に新作アニメのDVDが封入される。「さくらカード編」から「クリアカード編」へとつながる前日譚となっており、『さくらとふたつのくま』というタイトルになっている。
クロウ・リードの生まれ変わりであるエリオルと東京タワーで対峙し、ダークとライトのカードを手にしたさくら。 平穏な日々が戻って来たと思ったのも束の間、エリオルがイギリスに帰国することになる。さらに共に戦った小狼から「好きだ」と気持ちを伝えられ、戸惑う。そんな中、小狼も香港に戻ることになり、さくらは意を決してあるものを作ることにするという展開だ。果たしてさくらが作ったものとは、少年少女の淡い恋の行方は、とファンならば気になること間違いなしの内容となっている。

2018年のテレビアニメの前に一足早くさくらたちに出会える本作。特装版の予約締切は2017年7月14日となっている。

(C) CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集