i☆Risがステージで新曲をお披露目「i☆Ris in AnimeJapan」【AJ2017】 | アニメ!アニメ!

i☆Risがステージで新曲をお披露目「i☆Ris in AnimeJapan」【AJ2017】

イベント・レポート

i☆RisがAnimeJapan 2017のBLUEステージで躍動した。3月26日(日)、東京ビックサイトにて開催されたAnimeJapan 2017 に「i☆Ris in AnimeJapan」と題して登場、メンバー全員参加で渾身のパフォーマンスを披露した。

i☆Risは山北早紀、芹澤 優、茜屋日海夏、若井友希、久保田未夢、澁谷梓希による声優アイドルユニット。2012年に結成され、2016年11月25日には初の日本武道館公演を成功させた。

冒頭から 「ドリームパレード」 と「Happy New World☆」を続けて披露すると自己紹介タイムへ。芹澤が「ばっちり盛り上がっていきましょー!」とピースでキメると、若井が「今日は皆さんが絶対『来てよかった!』と思える曲を持ってきたので楽しみにしててください!」と期待を煽る。
そしてはじまったのは3月8日にリリースされたばかりのi☆Ris14枚目のシングル曲 「Shining Star」だ。1月クールのTVアニメ『プリパラ』オープニングテーマ。キラキラなポップチューンを全力で披露し、アウトロ終わりの決めポーズでは向かい合った芹澤と茜屋が小さくうなずき合う。続いてクールなロックナンバー 「Re:Call」 。ストロボの照明がi☆Risの歌唱とパフォーマンスの密度を上げる。

2回目のMCでは25日に発表された「Animelo Summer Live 2017」出演報告を改めて行うと、会場からも熱い拍手が上がった。4回目となるアニサマ参加、i☆Risは2日目の8月26日に出演だ。山北の「一番熱い夏にしたいのでぜひ来てください!」という声に返事をする歓声と手が上がった。
続けて4月5日にBDとDVDがリリースとなる昨年11月の武道館公演映像の報告。そして4月9日からはじまる全国9箇所17公演ツアー「i☆Ris 3rd Tour~Fan+6=∞~」の告知が行われた。告知が終わり、次の曲のスタンバイへ入ろうとしたとき、芹澤から力強いツッコミが入れられる。改めて芹澤ソロデビューのお知らせと4月26日リリースとなるソロデビューミニアルバムの情報が告げられた。

「お待たせしました、次にやるのは新曲です!」。山北が宣言しスタートしたのはTVアニメ『AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-』エンディング第10弾となった「Dive to Live」。ライブ初披露だ。メンバー自ら「はげしい曲」というだけあり、歌詞の譜割りが細かく曲調もクルクル変わるポップナンバー。サビのダイナミックな振り付けは今後のライブでもファンと共に盛り上がりそうだ。
会場が沸いたまま茜屋が叫ぶ。「今の私たちに負けないくらい盛り上がってくれますかー!」。会場がひと際大きな歓声で応えると最後に披露されたのは「Make it!」 。大いに盛り上がったi☆Risのステージは終了した。

<セットリスト>
1、ドリームパレード
2、Happy New World☆
3、Shining Star
4、Re:Call
5、Dive to Live
6、Make it!

<Release>
3/8 14th Single 「Shining Star」
4/5 「i☆Ris 4th Anniversary Live~418~」Blu-ray・DVD

<Live>
4/9~全国9箇所17公演を巡る「i☆Ris 3rd Tour~Fan+6=∞~」
8/25~27「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」出演(※i☆Risは8/26出演)

<芹澤 優ソロデビュー>
4/26 ソロデビューミニアルバム発売
発売中 芹澤 優1st写真集『君と』
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集