映像の詩人・ノルシュテイン、TAFFでリマスター作業の並々ならぬこだわりを明かす【TAAF2017】 | アニメ!アニメ!

映像の詩人・ノルシュテイン、TAFFでリマスター作業の並々ならぬこだわりを明かす【TAAF2017】

ニュース

映像の詩人・ノルシュテイン、TAFFでリマスター作業の並々ならぬこだわりを明かす【TAAF2017】
  • 映像の詩人・ノルシュテイン、TAFFでリマスター作業の並々ならぬこだわりを明かす【TAAF2017】
2017年3月13日、「東京アニメアワードフェスティバル2017」の招待プログラム「ノルシュテインを蘇らせた男たち」が開催された。ロシア・アニメーションの巨匠であるユーリー・ノルシュテインの作品をデジタル修復したゲストが登壇し、制作過程やリマスターの意義を語った。

ユーリー・ノルシュテインは切り絵を用いた緻密な作風で知られるアニメーション作家である。今回のプログラムでは2016年にデジタルリマスターされた作品の中から、1974年公開の『アオサギとツル』、1975年公開の『霧の中のハリネズミ』、1979年公開の『話の話』をラインナップ。オリジナルネガと磁気テープから修復され、美しい映像と音声で蘇った名作たちが映し出された。
トークコーナーにはIMAGICA TV コンテンツ事業局 修復ディレクターの山下泰司、音声リストアリングを担当したマスタリング・エンジニアのオノセイゲンが登壇。ノルシュテイン本人とも親交の深いアニメーション作家の山村浩二をモデレーターに迎えて、修復作業についてエピソードを披露した。

今回のデジタル修復はイマジカBSの開局20周年記念企画として行われた。ノルシュテインは日本でも人気が高く、山下が1980年代に所属していた会社でリリースしたLDも高セールスを記録したが、近年は日本での権利が切れてしまい、なかなか観られない状況が続いていた。そのためデジタルリマスターを決めたが、作業は困難の連続だった。
まずオリジナルネガは紛失防止の観点から海外に出すことはない。そのためロシア国内にある国立フィルム保存所のゴスフィルモフォンドでスキャンをしなければならなかった。修復版の解像度が2Kなのは、ロシア側の機材が2Kまでしか対応していなかったからである。そしてそのデータを日本のIMAGICAに送って貰い、修復作業がスタートした。

修復にあたっては、傷やゴミの除去はもちろんだが、色の調節がとくに難しかったそうだ。実写映画であれば現実の色も参考にできるが、アニメーションは絵のため本当の色はノルシュテイン本人にしか分からない。山下と色調整を担当するIMAGICAのカラリストは過去のDVDや写真集を調べて色調を整え、データをロシアのノルシュテインの元に送ってチェックをしてもらった。
その時は一度OKが出たのだが、2016年秋にノルシュテインが来日、日本でも何度かその映像を見るうちに本人から「Blu-rayが出るまでにもう少し直したい」と言われてしまう。そこで再度の調整に臨んだが、彼の指示は「冬の新鮮な空気を吸い込んだような色にしてほしい」や「この夜空はちょっとアメリカっぽすぎる」などまるで謎かけのように抽象的だったという。映像の詩人と呼ばれるノルシュテインらしいエピソードで客席の笑いを誘った。

音についてはオノが「大事な要素は反射音」だと語る。昔の作品だと音声にテープノイズが入っているが、最新の技術ではすべて取り除くことができる。しかし反射音要素までとり除いてしまうと「音の位置、その空間」が変わってしまう。オリジナルの音をデフォルメすることなく、違和感なく聴けるように調節していった。
山下はリマスターで最も効果があったのは「フィルムの揺れが取れたこと」だと語る。撮影時に使ったカメラのフィルム送りの精度や、スタジオの環境のせいで、元の映像にはかなりのガタツキがあった。その揺れをデジタル技術で固定したのだ。それによって、作品の「絵」の世界により没入できるようになった。
今回の修復の仕上がりについて山村は「ディテールがよりくっきりしたことで、絵の具の厚みまで感じられる」とコメント。山下も「『アオサギとツル』は描線がすごく細かくてLDやDVDの解像度ではうるさい感じにしか見えなかった。それがこんなに綺麗だったのか」と感動したことを明かした。

4月30日にはWOWOWプライムにてドキュメンタリー『ノンフィクションW ユーリー・ノルシュテインの、話の話。 ~アニメーションの神様 終わらない挑戦~』と6作品がオンエア。5月26日にはノルシュテイン作品集のBlu-ray・DVDがリリースされる。リマスターによって蘇った巨匠の名作を今一度振り返りたい。

「東京アニメアワードフェスティバル2017」
期間:3月10日~13日
会場:東京・池袋ほか
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集