今までに登場した全フレンズが一致団結!結末はいかに!?「けものフレンズ」第12話(最終話)レビュー | アニメ!アニメ!

今までに登場した全フレンズが一致団結!結末はいかに!?「けものフレンズ」第12話(最終話)レビュー

イベント・レポート

ついに最終話を迎えた『けものフレンズ』。Twitterやネット上では、放送が始まる前から待機しているファンで大盛り上がり。「ついにきたああああ」「たつきを信じろ」「すでに泣きそう」ともはや“お祭り”状態。

前回、一気にシリアス展開へと落ちた「けもフレ」。セルリアンに襲われ気を失ったサーバルちゃんをかばうため、今度はかばんちゃんがセルリアンに食べられてしまったところで最終回に持ち越しとなった。かばんちゃんは無事なのか……。

サーバルちゃんが目を覚ますと、ヒグマからかばんちゃんが食べられてしまったという現実を突きつけられる。そして、時間が経っているから諦めろと言われてしまう。しかし、サーバルちゃんは諦めなかった。
かばんちゃんを助けようと必死でみんなに呼びかけるサーバルちゃん。するとここで、なんとボスがサーバルちゃんの問いかけに応えた……!! 1話から今まで、フレンズたちを完全スルーしていた……と思いきや、実は11話のバス内でも、一度サーバルちゃんの言葉に反応している。どうやら人に危機が迫った時のみ、フレンズへの干渉が許可されているようなのだ。

そんなこんなで、今回はかばんちゃんに代わってサーバルちゃんがボスとタッグを組み、ヒグマたちと共にセルリアンに立ち向かう。そしてそこに、博士や、今までに登場したフレンズたちも加わって――!? みんなで協力してかばんちゃんを助けようとするフレンズたちに、気持ちが高ぶらずにはいられない。そしてかばんちゃんを救出すると、サーバルちゃんは“ある方法”でセルリアンの気をそらすことに成功。この戦いには、1話でかばんちゃんとサーバルちゃんが出会ったあの日からのすべてが結集している。それにボスが……ボスが……っ!!

そして、これだけシリアスな展開でありながらも、思わず笑ってしまうようなフレンズらしさ、サーバルちゃんらしさ、可愛さもしっかりと組み込まれている。シリアスと感動、そして笑いと、程よく目まぐるしく、「けもフレ」の世界観を貫いた最終回だった。ああ、なんだかもう、目から何かが止まらない。早起きしたからかな……。
後半には、最終話のタイトルにもなっている「ゆうえんち」も登場し、そして最後には――。

最終話まで、回を追うごとに人を惹きつけ、人気を獲得していった『けものフレンズ』。しかしついにお別れの日が……と思ったが、なんと公式サイトに“「けものフレンズ」 新作映像制作決定のお知らせ”というお知らせが!! さらに、アニメのラストにはとある仕掛けも施されている……! フレンズたちの旅はまだまだ続いていくようだ。
《月乃雫》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集