「クロックワーク・プラネット」キャスト陣が“歯車”の噛み合ったステージを展開【AJ2017】 | アニメ!アニメ!

「クロックワーク・プラネット」キャスト陣が“歯車”の噛み合ったステージを展開【AJ2017】

イベント・レポート

2017年3月26日(日)、東京ビックサイトで行われたAnimeJapan2017にて、『クロックワーク・プラネット』AJスペシャルステージが行われた。『クロックワーク・プラネット』は、講談社ラノベ文庫より刊行されているライトノベルが原作。2017年4月よりTVアニメとして放送される。

ヴァイネイ・ハルター役の松田健一郎が司会進行を務める本イベントには、見浦ナオト役の南條愛乃、リューズ役の加隈亜衣、マリー・ベル・ブレゲ役の大西沙織、アンクル役の千本木彩花が登場。松田は司会を務めるのが初めてだそうで、終始キャスト陣から緊張をいじられていた。

挨拶のあとは、物語の紹介。本作品の世界設定やあらすじを、キャスト陣が順番に読み合っていた。本作の舞台は、寿命を迎え、死の星となった地球を歯車によって再構築した世界。そこに暮らしている落ちこぼれの高校一年生・見浦ナオトは、ある日ひょんなことから自動人形(オートマタ)・リューズに出会う。そこから、物語は始まっていく。

作品についてそれぞれ、世界観に引き込まれた、キャラクターも個性的で面白い、と口々に期待を語った。南條は、頭と耳に歯車のアクセサリーを付けて登場し、思い入れの高さを感じさせた。著者の榎宮祐が機械式時計が好きなこともあり、キャラクターの名前の “ブルゲ”や“ハルタ―”は、実在する会社名がそのまま使用されている。

作品紹介のあとは、1つめのコーナー「理想の自動人形選手権」。このコーナーは、キャストが事前に描いた“理想の自動人形”のイラストを公開し、観客からの評価を競うというもの。しかし、ここでハプニングが……! なんと、キャスト陣全員が某猫型ロボットの要素を取り入れた自動人形を描いていた。この想定外の展開に、会場内に笑いが巻き起こった。

続いて、「正解一致! 歯車クイズ」のコーナーへ。人間サイドと自動人形サイドに分かれて、仲間と同じ答えを目指していく。「おでんの具といえば?」や「この(キャスト陣)中で一番女子力が高い人」、「この中で怒らせたら怖い人」などのお題にチャレンジし、歯車がかみ合うかを競っていた。

最後はアニメ情報、原作情報、コミック情報などが紹介され、司会者含め一言ずつ挨拶を述べて本イベントは終了となった。

AnimeJapan 2017
ビジネスエリア:2017年3月23日(木)~3月24日(金)
メインエリア:2016年3月25日(土)~3月26日(日)
会場:東京ビッグサイト
《月乃雫》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「クロックワーク・プラネット」OP主題歌はfripSideに決定 コミケでPV公開も 画像 「クロックワーク・プラネット」OP主題歌はfripSideに決定 コミケでPV公開も
  • TVアニメ「クロックワーク・プラネット」2017年4月放送 南條愛乃らキャスト5人が公開 画像 TVアニメ「クロックワーク・プラネット」2017年4月放送 南條愛乃らキャスト5人が公開

特集