主人公を演じるのは宮野真守、全3部作で描く「GODZILLA -怪獣惑星-」スペシャルステージ | アニメ!アニメ!

主人公を演じるのは宮野真守、全3部作で描く「GODZILLA -怪獣惑星-」スペシャルステージ

イベント・レポート

主人公を演じるのは宮野真守、全3部作で描く「GODZILLA -怪獣惑星-」スペシャルステージ
  • 主人公を演じるのは宮野真守、全3部作で描く「GODZILLA -怪獣惑星-」スペシャルステージ
  • 主人公を演じるのは宮野真守、全3部作で描く「GODZILLA -怪獣惑星-」スペシャルステージ
  • 主人公を演じるのは宮野真守、全3部作で描く「GODZILLA -怪獣惑星-」スペシャルステージ
  • 主人公を演じるのは宮野真守、全3部作で描く「GODZILLA -怪獣惑星-」スペシャルステージ
  • 主人公を演じるのは宮野真守、全3部作で描く「GODZILLA -怪獣惑星-」スペシャルステージ
  • 主人公を演じるのは宮野真守、全3部作で描く「GODZILLA -怪獣惑星-」スペシャルステージ
  • 主人公を演じるのは宮野真守、全3部作で描く「GODZILLA -怪獣惑星-」スペシャルステージ
3月26日(日)、東京ビックサイトにて開催中のAnimeJapan 2017で <『GODZILLA』スペシャルステージ> が行われた。AnimeJapan 2017最大のREDステージに登壇したのは梶裕貴、櫻井孝宏、杉田智和、諏訪部順一、花澤香菜、宮野真守(※五十音順)と豪華キャスト陣。アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の新情報などをはじめ、さまざまな発表を行った。

ゴジラを頂点とする怪獣に破れ、人類は移民船で地球から逃れたが、目指した星は人類が住める星ではなかった。再び帰還する移民船。だが地球ではすでに2万年が経過し、ゴジラを頂点とする星に変質していたーー。

イベントではステージへの呼び込みと同時にキャスティングの発表も行われた。主人公ハルオ・サカキを宮野真守、異星人類”エクシフ”のメトフィエスを櫻井孝宏、紅一点のユウコ・タニを花澤香菜、イタリア系アメリカ人のマーティン・ラザッリを杉田智和、ハルオを尊敬する若手士官のアダム・ビンデバルトを梶裕貴、異星人類”ビルサルド”の技術士官ムルエル・ガルグを諏訪部順一が演じる。それぞれの名前がスクリーンに映し出されると大きなどよめきと共に各キャストが迎えられた。

緊張していますと最初に吐露した宮野は両親を殺されたゴジラに強い憎悪を抱くハルオの心情も物語の大きなキーになると力を込めて語った。キャスト陣は前もってセリフを先に収録し、その後その演技を元に絵を仕上げていく「プレスコ」方式での収録を行ったため、演じた本人たちすら完成ビジュアルを見たのはこの場が初めてとなった。脚本を担当する虚淵玄は「見たことのないSF、見たことのない世界観」を目指したという。そのためキャストに事前に配布されたSF設定資料は、小説がはじまるくらいの厚さ、と花澤がふりかえるほど。その分プレスコ収録では場面が頭に浮かびづらく、難しかったと諏訪部はふりかえった。

特報映像が公開され、映像の最後には劇場で3部作となることも発表された。キャスト陣はプレスコであるため収録は全て終了しているとのことだったが、実際に映像を見た櫻井は、予想を上回るスケール感だったと感想を述べた。最後に宮野が「収録はキャストが魂を全部注ぎ込んで終わっているのですが、キャスト・スタッフ一丸となってゴジラを盛りあげていきますので、ぜひ公開を心待ちにしていてください!」と語り、イベントは大盛況のうちに終了した。

アニメーション映画『GODZILLA』、第一章『GODZILLA -怪獣惑星-』は2017年11月全国公開。監督は静野孔文と瀬下寛之、ストーリー原案・脚本は虚淵玄。アニメーション制作はポリゴン・ピクチュアズ、製作は東宝。

AnimeJapan 2017
ビジネスエリア:2017年3月23日(木)~3月24日(金)
メインエリア:2016年3月25日(土)~3月26日(日)
会場:東京ビッグサイト
《細川洋平》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集