映画「GODZILLA」全3部作で劇場公開決定 主人公・ハルオ役は宮野真守 | アニメ!アニメ!

映画「GODZILLA」全3部作で劇場公開決定 主人公・ハルオ役は宮野真守

ニュース

ティザービジュアル第2弾とともにサブタイトル「怪獣惑星」を公開し、作品の舞台が二万年後の地球であることを明かしていたアニメ映画『GODZILLA -怪獣惑星-』は3月26日、「AnimeJapan 2017」で実施された『GODZILLA』ステージにおいて主人公・ハルオ役が宮野真守に決定したことを発表した。「ゴジラ」史上初の全3部作で描かれることも併せて告知されている。

主人公の青年・ハルオは、4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、それから20年もの間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていたというキャラクター。『DEATH NOTE』の夜神月役や『機動戦士ガンダム00』の刹那・F・セイエイ役で知られる宮野が、ゴジラに対する“因縁”と“怒り”を抱く復讐者役に挑戦することになった。
またハルオの良き理解者で異星人「エクシフ」であるメトフィエス役は櫻井孝宏、ハルオの後輩にあたるヒロイン・ユウコ役は花澤香菜に決定し、そのほかハルオを尊敬する若手パイロット・アダムを梶裕貴、楽天家の環境生物学者・マーティンを杉田智和、異星人「ビルサルド」の優れた技官であるガルグを諏訪部順一がそれぞれ演じることも同時発表となった。キャラクタービジュアルも公開されている。
今回の新情報で異星人の登場も判明しただけに、ゴジラと人間だけではなく人型種族間の関係性にも注目となっていきそうだ。

さらにアニメ映画『GODZILLA』は「ゴジラ」映画史上初となる全3部作で描かれることも明らかになった。主人公・ハルオをはじめとする人類とゴジラとの“因縁” の戦いが、3部作構成という大長編で繰り広げられることになる。人類はゴジラを頂点とする「怪獣惑星」と化した地球を取り戻すことができるのだろうか。今後の動向からますます目が離せなくなりそうだ。

アニメーション映画『GODZILLA』
第一章『GODZILLA -怪獣惑星-』2017年11月全国公開

(C)2017 TOHO CO.,LTD.
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 映画『GODZILLA』2017年11月公開 サブタイトルは「怪獣惑星」 画像 映画『GODZILLA』2017年11月公開 サブタイトルは「怪獣惑星」
  • アニメ映画「GODZILLA」Netflixでの全世界配信が決定 画像 アニメ映画「GODZILLA」Netflixでの全世界配信が決定
  • AnimeJapan 2017 ステージ情報第二弾、「魔法陣グルグル」「GODZILLA」など注目作続々 画像 AnimeJapan 2017 ステージ情報第二弾、「魔法陣グルグル」「GODZILLA」など注目作続々

特集