神谷浩史、戸松遥らがAnimeJapan 2017のステージで「告白実行委員会」アプリ化企画会議!? | アニメ!アニメ!

神谷浩史、戸松遥らがAnimeJapan 2017のステージで「告白実行委員会」アプリ化企画会議!?

ニュース

3月25日、AnimeJapan 2017のREDステージにて「『告白実行委員会』シリーズスペシャルステージ」が行われた。出演者は神谷浩史、戸松遥、阿澄佳奈、鈴村健一、豊崎愛生、代永翼、麻倉もも、雨宮天。シリーズの主題である恋に合わせて、赤やピンク、白を基調にした衣装で登場した。ステージは淡い桃色や爽やかな水色の照明に照らされて、お笑い芸人のアメリカザリガニによる進行で作品にまつわる楽しいトークセッションが繰り広げられた。

トークは“もしも「告白実行委員会」シリーズが○○になったら”というお題をもとに展開していった。最初に画面に映し出されたのは“もしも「告白実行委員会」シリーズがアプリになったら”。いの一番に手をあげた豊崎は「街のトイレがどこにあるかわかるアプリ」を提案。さっそく鈴村から、それは欲しいアプリでしょ、とツッコミが入り観客の笑いを誘った。
雨宮のアイディアは目覚ましアラームアプリ。自身が演じるキャラクターの楽曲タイトルになぞらえて、キャラクターソングが流れた後にキャラボイスで「おはよう」と言ってくれるアプリだそうだ。また代永は、友達同士の相性やキャラクターとの相性を診断できるアプリという、作品のストーリーに掛けた案を出した。

次は“もしも「告白実行委員会」シリーズがTVアニメになったら”というお題。戸松はボードに「10年後の話」と書いて、キャラクターたちの20代後半の姿が見てみたいと自らの願いを語った。
麻倉の回答は「私達の両親」。意味深な答えを追求すると、映画の中では出てこなかった両親について描いてほしいということで、これには神谷も気になるとアシストした。その他にも声優陣の連携プレーや珍回答が続出し、客席からの笑い声溢れるイベントとなった。

最新情報のコーナーでは、なんとHoneyWorksの楽曲で遊べるスマートフォンアプリゲームの企画が実際に進行中と明かされた。もしかしたらイベント内で発案されたアイディアが採用されるかもしれないので、今後の情報に要注目だ。そして「告白実行委員会」シリーズのTVアニメスペシャル放送が決定。放送時間などは追って発表となる。イベントの最後には、映画2作でヒロインの声優を担当した戸松と麻倉が、今後の展開にも期待してほしい旨をファンに語りかけた。

AnimeJapan 2017
ビジネスエリア:2017年3月23日(木)~3月24日(金)
メインエリア:2016年3月25日(土)~3月26日(日)
会場:東京ビッグサイト
《奥村ひとみ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集