「劇場版 FAIRY TAIL」予告映像が公開 原作者・真島ヒロのコメントも到着 | アニメ!アニメ!

「劇場版 FAIRY TAIL」予告映像が公開 原作者・真島ヒロのコメントも到着

ニュース

2017年5月6日の全国ロードショーが決定している『劇場版 FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』が、待望の予告映像を公開した。併せて場面写真も披露され、原作者・真島ヒロのコメントも到着している。

原作が最終章に突入するなかでロードショーを迎える『劇場版 FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』は、真島の総合プロデュースによって制作される作品だ。ファンにとっては見逃せない、『FAIRY TAIL』の核心に触れる物語となる。

このたび公開された予告映像には、世界を滅ぼすほどの力を秘めた杖・竜の涙(ドラゴンクライ)をめぐる危機的な状況で、おなじみのメンバーたちが壮絶な闘いを展開する姿が映し出された。そこに背中に大きな羽を生やし赤い鱗で覆われている、半身が竜と化した主人公・ナツが現れるシーンや、ナツの育ての親・イグニールが登場するシーンなどが挿入されている。秘められていたナツの正体がついに明かされることになるのだろうか。半竜化したナツの姿がファンの胸を打つ、熱く激しい予告編といえそうだ。

また予告の公開とともに、魔導士ギルド・フェアリーテイルの仲間たちが死闘を繰り広げる姿を捉えた場面写真もお披露目となった。劇場版の新キャラクターである謎めいた美少女・ソーニャが一筋の涙を流すミステリアスなカットや、セクシーな衣装に身を包んだルーシィが躍るキュートなカットなど、気になる場面が盛りだくさんとなっている。

そして3月17日には、全国の映画館に真島のスペシャルコメントが入ったチラシも到着している。真島はその中で「『DRAGON CRY』は、『FAIRY TAIL』の最終章に繋がるエピソードのひとつです。今回はエンターテインメントに特化した作品にしたいと思い、前回の劇場版とはまた違ったアプローチでネームを描きました」と自らが書き下ろした約200ページに及ぶネームについて触れているほか、「映画を見てくれたファンの皆さんに楽しんでいただきたいので、たくさんのサプライズも用意しています」とのメッセージを寄せている。
『FAIRY TAIL』の起源に迫るストーリーだけでなく、“サプライズ”も楽しみな作品となりそうだ。



『劇場版 FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』
2017年5月6日(土)全国ロードショー
配給:ギャガ

(C)真島ヒロ・講談社/劇場版フェアリーテイルDC製作委員会
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集