「夢王国と眠れる100人の王子様」が舞台化決定 ティーガ役・小澤廉らキャスト13名を発表 | アニメ!アニメ!

「夢王国と眠れる100人の王子様」が舞台化決定 ティーガ役・小澤廉らキャスト13名を発表

ニュース

女性向けスマホパズルRPG『夢王国と眠れる100人の王子様』(通称:夢100)が、『夢王国と眠れる100人の王子様 ~Prince Theater~』のタイトルで舞台化されることが決定した。ティーガ役の小澤廉ほか、全13名のメインキャストが発表されている。

2015年3月より配信中の『夢100』は、ジークレストが提供するスマホ用アプリである。「王子様との恋」をテーマに、夢世界の王国に住む100人もの王子様との恋を体験することができるパズルRPGだ。パズルをクリアし眠りに落ちてしまった王子様を目覚めさせることで、王子様との甘いストーリーを楽しむことができるようになっている。
王道の王子様から一癖も二癖もある王子様まで、バリエーション豊かなキャラクター性を持った王子様が登場することが大きな魅力となっており、これまでに400万回以上ダウンロードされるほどの人気を誇っている。

このたび決定した舞台『夢王国と眠れる100人の王子様 ~Prince Theater~』はAiiA 2.5 Theater Tokyoにて、2017年7月21日から7月25日にかけて全9公演が行われる。
公演には『夢100』の音楽CDシリーズである「音100」にちなみ、作中の100人以上の王子様の中から同シリーズに登場するキャラクターが出演。メインキャストとしてティーガ役の小澤廉ほか、リド役の高崎翔太、サイ役の安達勇人、マッドハッター役の碕理人、キャピタ役の鷹松宏一、ハーツ役の小林竜之、チェシャ猫役の飯山裕太、マーチア役の上杉輝、クロノ役の川隅美慎、ドーマウス役の高根正樹、フロスト役の吉岡佑、グレイシア役の高橋里央、シュニー役の山中翔太ら全13名が発表されている。
ステージでは「音100」楽曲の歌唱も予定されており、キャラクターによる掛け合いや歌、ダンスによって『夢100』の世界がどのように広がるのか注目を集めそうだ。

また舞台はゲームのストーリー分岐にちなみ、“太陽エンディング”と“月エンディング”の2パターンで上演される。“太陽エンディング”は「楽しく賑やか」、“月エンディング”は「しっとり大人」がコンセプトになっており、何度見ても楽しむことができそうだ。
チケットは3月24日18時より、舞台公式サイトにて販売開始。

舞台『夢王国と眠れる100人の王子様 ~Prince Theater~』
日程: 2017年7月21日(金)~2017年7月25日(火)
劇場: AiiA 2.5 Theater Tokyo
チケット: プレミアムシート 9,800円(税込/全席指定)
      ※オリジナル特典付き・前方座席
      一般席 6,800円(税込/全席指定)
      公式HP先行 3月24日(金)18:00よりスタート

原作: ジークレスト「夢王国と眠れる100人の王子様」
演出・脚本: ますもとたくや
出演者: ティーガ 小澤廉
     リド 高崎翔太
     サイ 安達勇人
     マッドハッター 碕理人
     キャピタ 鷹松宏一
     ハーツ 小林竜之
     チェシャ猫 飯山裕太
     マーチア 上杉輝
     クロノ 川隅美慎
     ドーマウス 高根正樹
     フロスト 吉岡佑
     グレイシア 高橋里央
     シュニー 山中翔太

(C)GCREST, Inc. / Prince Theater2017
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集