映画「銀魂」 安田顕&早見あかり演じる村田兄妹のビジュアル公開 | アニメ!アニメ!

映画「銀魂」 安田顕&早見あかり演じる村田兄妹のビジュアル公開

ニュース

「週刊少年ジャンプ」で連載され、熱血、ギャグ、人情で構成された高いエンターテインメント性が人気を博している『銀魂』。まさかの実写化が発表され、驚愕を呼んだ。キャスト陣の再現度の高いビジュアルの公開で期待が高まっているが、今回新たなビジュアルが公開された。
安田顕演じる村田鉄矢、早見あかりが演じる村田鉄子という物語の鍵を握る兄妹のビジュアルが公開。今までのキャスト陣に負けず劣らずの再現度に注目が集まっている。

江戸時代末期なのに、街には高層ビルが立ち並び、空には無数の宇宙船が浮かぶ。それが『銀魂』の世界観だ。かつて隆盛を極めた侍が衰退の一途をたどる時代に、侍魂を堅持するちょっと変わった男・小栗旬演じる坂田銀時が菅田将暉演じる志村新八、橋本環奈演じる神楽とともに「万屋銀ちゃん」としてさまざまな事件に挑むという展開である。

今回公開された村田兄妹は、今回の物語のキーアイテムである「紅桜」を生み出した江戸一の刀匠である父・村田仁鉄の後を継ぎ、鍛冶屋を営んでいる。安田演じる鉄矢は原作では父を超えようととんでもない刀を作り出してしまう男だ。また特徴として、人の話を聞かずに大きな声で一方的に話すくせがあり、銀時に呆れられてしまうというシーンが存在する。安田は「原作でも描かれているようにとにかく大きな声をだすことを意識して演じましたが、いざやってみると結構難しかったです…」とその特異さに苦戦しつつも、原作の再現にこだわったようで、その仕上がりに期待が寄せられる。
一方で、早見演じる鉄子は兄とはうって変わり、気が弱く内気な性格で、声も小さめ。鉄子は父を超えるため「最強の剣」を作ることに一心不乱な鉄矢とは異なり、「人を護る剣」を作ることを目指しており、その違いが原作では深いドラマ性を生んでいる。早見は「現場では、監督とキャスト陣の距離が近くてまるで学校のようでとても楽しいです」と現場の雰囲気の良さを感じさせるコメントを寄せている。

7月14日の公開を前に続々と公開されるキャラクタービジュアル。次はいかなる情報が飛び出すのか、今後も続報から目が離せないところだ。

『銀魂』
2017年7月14日公開
(C) 空知英秋/集英社
(C) 2017「銀魂」製作委員会
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集