「恋と嘘」2017年夏TVアニメ放送スタート 「マンガボックス」連載の人気作 | アニメ!アニメ!

「恋と嘘」2017年夏TVアニメ放送スタート 「マンガボックス」連載の人気作

ニュース

DeNAのマンガアプリ「マンガボックス」で連載している『恋と嘘』のテレビアニメ化が発表された。2017年夏に放送がスタートする。ティザービジュアルとPVも公開され、少年少女たちの淡い恋愛模様が描かれている。

『恋と嘘』は満16歳になると政府から結婚相手が通知される超・少子化対策基本法、通称・ゆかり法が制定された世界が舞台。主人公・根島由佳吏はクラスのヒロイン・高崎美咲に想いを寄せており、16歳の誕生日を迎える夜に長年の想いを伝える。だがその直後、彼のもとに政府通知が届く……。少年少女たちのひたむきで純粋な想いが交錯するラブストーリーだ。
2014年8月に「マンガボックス」に第1話が掲載され、連載開始直後から1ヶ月あたりの総閲覧者数は350万人を記録した人気作をアニメで楽しめることになった。原作者のムサヲは「色んな人に助けて貰い、後押しして頂いてここまで来れました。アニメ化です。長年の夢だったので本当に夢みたいです。応援して下さった方々と、これから知って下さる沢山の人達に楽しんで貰えると嬉しいです」と喜びのコメントを発表した。

ティザービジュアルにはヒロインの高崎美咲と真田莉々奈、そして二人の間に立つ根島由佳吏が登場。床に散らばる数々の政府通知と絡まった赤い糸が、キャラクターたちの繊細で複雑な心情描写を象徴する1枚となった。ティザーPVでは目を塗りつぶされたキャラクターたちや、自らの想いを届けようとするモノローグが、恋愛禁止の世界観を表現している。
監督は『山田くんと7人の魔女』や『石膏ボーイズ』の宅野誠起が担当。アニメーション制作はライデンフィルムが行う。宅野監督は「自分の高校時代は恋愛とは無縁でしたが、その時の理想や憧れが全て詰まった原作なので、その気持ちを込めて、キャラクターを描きたいと思います。恋することの嬉しさと切なさを感じとっていただければと思います。見終わったら誰かに恋したくなること間違いなしです!」と意気込みを見せている。


テレビアニメ『恋と嘘』
2017年夏放送スタート

[スタッフ]
原作:ムサヲ(講談社週刊少年マガジン編集部・DeNA「マンガボックス」連載)
監督:宅野誠起
制作:ライデンフィルム

(c)ムサヲ・講談社/政府通知普及委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集