映画「無限の住人」MIYAVIが主題歌を担当 本予告映像も公開 | アニメ!アニメ!

映画「無限の住人」MIYAVIが主題歌を担当 本予告映像も公開

ニュース

木村拓哉が主演を務める今春公開の映画作品、『無限の住人』の主題歌を“侍”ギタリストとして知られるMIYAVIが手がけることが発表された。曲名は「Live to Die Another Day - 存在証明 -」で、楽曲を使用した本予告映像も今回公開、公式サイトでは登場人物の全身ビジュアルも解禁されるなど、上映への期待が膨らむ新情報がそろった。

映画の原作である沙村広明による漫画作品『無限の住人』は、1993年から2012年にかけて講談社の漫画雑誌「月刊アフタヌーン」で連載。圧倒的な画力による斬新な殺陣描写が話題を呼び、累計発行部数750万部超を記録した。本作は1997年に第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、2000年には英語版がアメリカの漫画賞、アイズナー賞最優秀国際作品部門を受賞している。アイズナー賞は“漫画のアカデミー賞”と呼ばれており、手塚治虫、大友克洋、浦沢直樹など名だたる作家に先立っての受賞は大きな話題となった。

今回公開された本予告映像は、剣客集団「逸刀流」に両親を殺された少女・浅野凜が不死身の男・万次に用心棒を依頼するシーンから始まる。戦いに身を投じることとなった万次に襲いかかるのは、逸刀流統主・天津影久をはじめとする手練れの剣客たち。演じるのは、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、市川海老蔵といった名だたるキャストらだ。不死身とは言え、万次一人に300人が切りかかる絶体絶命の立ち回りも描かれる。最後は「不死身って死ぬほどめんどくせぇ」というテロップで締めくくられている。

今作でMIYAVIが主題歌を担当することになったのは、木村とステージで共演経験があることと「この作品の主題歌は、世界的に通用する日本人アーティストにしたい」という三池崇史監督たっての希望が大きな理由だ。今回の楽曲に関してMIYAVIは、「ひとり孤独にずっと生きてきた万次が初めて凜に出逢い“生きたい”と思った。そして凜を守るために、また新たな葛藤をおぼえていく。その激しさと切なさを、この楽曲で表現できれば良いなと思いました。無限の住人は、木村さんの人生の新たなる岐路、出発点なんだろうなと思います。そういう意味で僕も音楽家としてこの作品に関わることができて本当にうれしく思っていますし、刀の代わりにギターで、ともに戦わせてもらったという感覚です。」とコメントを寄せている。本楽曲は、4月発売のベストアルバムに収録されるとのことだ。

映画『無限の住人』は、4月29日(土)に上映開始。2017年ゴールデンウィーク必見の“ぶった斬り”エンターテイメントとして、期待が高まる一本だ。



(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
《古戸圭一朗》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集