日本語タイトルは「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に決定 監督からコメントも | アニメ!アニメ!

日本語タイトルは「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に決定 監督からコメントも

ニュース

日本では2017年12月15日の公開が予定されている『STAR WARS/THE LAST JEDI』の日本語タイトルが、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に決定した。

本作は2015年に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く作品として制作が進んでいる。
前作ではレイヤやBB-8、ダース・ベイダーを受け継ぐ存在のカイロ・レンといった新たなキャラクター『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が続々登場。さらにハン・ソロ、レイアなど圧倒的な知名度を誇るキャラクターも姿を見せ、日本はもちろん世界中のファンを魅了した。

最新作となる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』について、ストーリーは謎のままだが「最後のジェダイ」というサブタイトルから想像できる点も多そうだ。
「最後のジェダイ」とは伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカーを指す言葉なのか、それとも前作でフォースを覚醒させたレイのことなのだろうか。
監督・脚本を手がけるライアン・ジョンソンは本作について「『フォースの覚醒』は大冒険でキャラクターを紹介した作品。『最後のジェダイ』はキャラクターを掘り下げ、核心に迫ることになる」とコメント。
前作よりもさらに奥深い作品内容が期待できそうだ。もちろん、前作で描かれなかった謎が明かされるかにも期待がかかる。

本作には前作から引き続き、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザックといったおなじみのメンバーが出演。
ほかにはアカデミー賞受賞歴もあるペニチオ・デル・トロ、実力派として愛されているローラ・ダーンといった新キャストも加わる。
2017年はシリーズの1作目である『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の全米公開から40周年という記念の年だ。そのタイミングで『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公開されるとあって、今後さらに熱気が高まっていくだろう。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金)全国公開
(C)2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集