映画「SING/シング」追加キャストに柿原徹也、佐倉綾音ほか7人 歌唱シーンも担当 | アニメ!アニメ!

映画「SING/シング」追加キャストに柿原徹也、佐倉綾音ほか7人 歌唱シーンも担当

ニュース

『ミニオンズ』、『ペット』とヒット作を連発しているユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントの最新作『SING/シング』日本吹替版の追加キャストが発表された。

『SING』は、大切な劇場を立て直すため、コアラのバスター・ムーンが動物たちに向けた“歌のオーディション”を開催。人生を変えるチャンスを掴むためにゾウやゴリラ、ヤマアラシなどさまざまな動物がオーディションに赴くミュージック・エンターテインメントだ。日本での公開は2017年3月17日に公開を迎える。

今回発表されたのは、オーディションに参加するメンバーの日本版吹替えキャスト。白のレオタードにレッグウォーマーというファッションでヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」を披露するカエル三人組役を演じるのは柿原徹也、村瀬歩、木村昴。
いずれも多くのアニメ作品に出演し、アニメファンからの支持も熱い声優だ。柿原は「これほど音楽に彩られた作品に参加させて頂くのも珍しく、非常に貴重な体験をさせていただきました」とコメントを通じて喜びを表している。

ニッキー・ミナージュの「アナコンダ」を披露するセクシーなウサギ三人組には、Dream5のリーダーである重本ことり、『僕のヒーローアカデミア』麗日お茶子役などで知られる佐倉綾音、『マクロスΔ』でニナ・オブライエン役を担当した辻美優が起用される。
吹き替え初挑戦だったという佐倉は「緊張もひとしおでしたが、新鮮さの中に感じる、どこか懐かしい親しみやすさにとても救われました」とコメントしている。

そして美声のキリン役としてマイケル・ジャクソンの「ベンのテーマ」を披露するのは、シンガーソングライターの河口恭吾だ。
河口は「楽しい経験をさせていただきました」と語るとともに「『SING/シング』公開、そして大ヒットを役柄のキリンの様に首を長くして待っています」というコメントも。
声優やミュージシャンなど多彩な顔ぶれが、日本版の本作を一層華やかなものにしてくれる。

『SING/シング』
2017年3月17日(金) 全国ロードショー
(C)Universal Studios.
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集