「一週間フレンズ。」 香織編&祐樹編 WEBスポット公開 1月20日はいちフレの日 | アニメ!アニメ!

「一週間フレンズ。」 香織編&祐樹編 WEBスポット公開 1月20日はいちフレの日

1月20日はいちフレの日とされ、 『一週間フレンズ。』の 香織編&祐樹編のWEBスポットがダブル公開された。

ニュース
原作コミック・シリーズ累計発行部数170万部を超え、アニメ・舞台化などメディアミックスも行われる『一週間フレンズ。』。川口春奈、山崎賢人主演で映画化され、公開も間近に迫っている本作だが、1月20日をいちフレの日としてWEBスポットが公開された。
しかも、このWEBスポットは川口演じる藤宮香織を中心とした「香織編」と山崎演じる長谷祐樹が中心となる「祐樹編」の2編がダブル公開された。

本作は友達の記憶を一週間で失ってしまう記憶障害を持つ藤宮香織に、初めて会った日から心惹かれ、「友達になってください」と想いを伝え続けるクラスメート・長谷祐樹が織り成す真っ直ぐで特別な恋物語だ。その切ない展開が、多くのファンから愛されている。川口や山崎以外にも、「超特急」のタカシこと松尾太陽や、上杉柊平、高橋春織、古畑星夏、戸次重幸、伊藤沙莉、ますだおかだの岡田圭右など多彩なキャストが出演することでも話題になっている。

今回公開された「香織編」は香織が「私、なんども忘れるかもしれない。でも、絶対に思い出すから」と祐樹へ想いを伝えるシーンからスタート。続いて笑顔と共に「私、高校生活なんて早く終わればいいと思ってた。でも、今は違うよ」と感謝の言葉を告げる香織が可愛らしくも切なさを演出している。祐樹と過ごすことによって充実していた高校生活だったが、最後は「私、こんな大切なこと忘れていたなんて・・・」と涙するシーンとなっており、展開が気になるところだ。
一方の「祐樹編」だが、「毎週月曜日、必ず言うから。友達になってくださいって。」と笑顔で香織に語り掛ける祐樹のまっすぐな表情を皮切りに、一途に香織を想い続けるシーンが続き、ときめくと同時に「毎週、俺のこと覚えてなくてもそれで良かった」という祐樹の切なすぎる心情も語られ、その想いの深さに胸が動かされることは必須だ。

果たして香織と祐樹に奇跡は起こるのか。2月18日の公開が待ち遠しいところだ。

映画『一週間フレンズ。』
2月18日公開
(C) 2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集