月刊コミックジーン、 365日応募可能な「セブンデイズマンガ賞」開始 | アニメ!アニメ!

月刊コミックジーン、 365日応募可能な「セブンデイズマンガ賞」開始

「月刊コミックジーン」(KADOKAWA)が展開する漫画賞「ジーン月例杯」が全面リニューアルされ、「セブンデイズマンガ賞」として2017年1月14日より募集を開始した。

ニュース
「月刊コミックジーン」(KADOKAWA)が展開する漫画賞「ジーン月例杯」が全面リニューアルされ、「セブンデイズマンガ賞」として2017年1月14日より募集を開始した。

「月刊コミックジーン」は2011年に創刊されると『カゲロウデイズ』『SERVAMP -サーヴァンプ-』など数多くのメディアミックス作品を生み出し、特に中高生女子に支持されている雑誌だ。
同誌が新たに実施する「セブンデイズマンガ賞」は、従来のマンガ賞と比較して結果発表までの時間が大幅に短縮されている。毎週ジーン公式Twitterにて結果を発表されるため、7日以内に結果が分かる仕組みになっているのだ。もちろんコミックジーン本誌にも、投稿月の翌々月発売号に結果が掲載される。
投稿作を常時受け付けている点も大きな特徴だ。365日毎日自分のタイミングで応募であり、締切が存在しないのは投稿希望者にとって嬉しいところだろう。

応募する際の作品内容は、読者に中高生を想定したものであれば自由。ページ数は8P~40Pであり、4コマ、ショートマンガも投稿可能である。
原稿はアナログ、デジタルのどちらも受け付けている。アナログ原稿は希望すれば返却してもらうこともできる。

賞金はプラチナ賞が50万円。その下には金賞30万円、銀賞3万円、銅賞1万円も設けられている。
さらにプロモーションボーナスシステムも採用しており、2度目以降の投稿作品にて過去の受賞よりも上位の賞を獲得した投稿者には、ボーナスとして賞金に加えて5000円が贈呈される。
受賞者には必ず担当編集がつくなど、サポート体制も充実。デビューまでを見守ってくれるのは、特にアマチュア作家にとって心強いことだ。

応募要項
作品内容:自由
ページ数:8P~40Pまで
応募資格:プロアマ不問。年齢制限なし。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集