ダンスで世界を救え!東映アニメーション60周年作品となる今週注目映画:「ポッピンQ」 | アニメ!アニメ!

ダンスで世界を救え!東映アニメーション60周年作品となる今週注目映画:「ポッピンQ」

ニュース

ダンスで世界を救え!東映アニメーション60周年作品となる今週注目映画:「ポッピンQ」
  • ダンスで世界を救え!東映アニメーション60周年作品となる今週注目映画:「ポッピンQ」
大晦日まであと1週間と少しとなった、12月第4週の注目映画は、東映アニメーション60周年記念作品となる宮原直樹監督の青春アニメ映画『ポッピンQ』だ。

本作のあらすじは、春の卒業と東京への引っ越しを間近に控え、陸上の県大会で不本意な成績を出せなかったことから後悔を残した中学3年生の小湊伊純が、卒業式当日に“時のカケラ”を拾い全ての時間軸へと繋がる異次元空間“時の谷”へと行ってしまうというもの。ポッピン族のであり伊純の同位体であるポコンを通じ、この世界を救うためダンスする物語だ。

時の谷へ来た人間には、1人1人同位体が存在しており、小湊伊純にはポコンが、日岡蒼にはルチアが、友立小夏にはダレンが、津久井沙紀にはルピイがそれぞれ付くことになる。本作では『プリキュア』シリーズでダンスパートのCGを担当した宮原直樹氏が監督を務めているため、劇中に繰り広げられるダンスシーンでの動きにも注目したいところだ。

登場人物のキャストは、小湊伊純役を瀬戸麻沙美が、日岡蒼役を井澤詩織が、友立小夏役を種崎敦美が、大道あさひ役を小澤亜李が、都久井沙紀役を黒沢ともよが、ポコン役を田上真里奈が、ルチア役を石原夏織が、ダレン役を本渡楓が、タドナ役をM・A・Oが、ルピイ役を新井里美が演じる。
スタッフは、監督に宮原直樹氏が、キャラクター原案に黒星紅白氏が、企画・プロデュースに松井俊之氏が、プロデューサーに金丸裕氏が、原作に東堂いづみ氏が、脚本に荒井修子氏が、キャラクターデザイン・総作画監督に浦上貴之氏が、CGディレクターに中沢大樹氏が、色彩設計に永井留美子氏が、美術設定に坂本信人氏が、美術監督に大西穣氏が、撮影監督に中村俊介氏が編集に瀧田隆一氏が、音楽に水谷広実(Team-MAX)氏と片山修志(Team-MAX)氏が、アニメーション制作を東映アニメーションが担当する。

《G.Suzuki》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事