アニメ「覆面系ノイズ」2017年4月放送 早見沙織、山下大輝、内山昂輝を起用 | アニメ!アニメ!

アニメ「覆面系ノイズ」2017年4月放送 早見沙織、山下大輝、内山昂輝を起用

ニュース

テレビアニメ『覆面系ノイズ』の放送情報が明らかになった。2017年4月より放送がスタートする。それに併せて、ティザービジュアル、メインキャスト、制作スタッフが公開された。

本作のティザービジュアルにはメインキャラクターの有栖川仁乃(ニノ)、杠花奏(ユズ)、榊桃(モモ)が登場。青春バンド群像劇にふさわしくギターを持った姿が印象的で、3人の物語に期待が膨らむ仕上がりである。
ニノ役は『映画 聲の形』の早見沙織が担当。ユズ役は『弱虫ペダル』の山下大輝、モモ役は『ピンポン THE ANIMATION』の内山昂輝が起用された。キャラクターの魅力を最大限に引き出す実力派が作品を表現していく。

監督には『競女!!!!!!!!』の高橋秀弥を起用。シリーズ構成は赤尾でこ、キャラクターデザインはいとうまりこという布陣で制作に挑む。アニメーション制作は『青春×機関銃』『私がモテてどうすんだ』のブレインズ・ベースが行う。さらに音楽はSADESPER RECORD (NARASAKI / WATCHMAN)が務める。日本オルタナティブロック界の第一人者が青春ストーリーを彩ることになった。
原作の福山リョウコのコメントも発表された。「覆面系ノイズ TVアニメ化本当にうれしいです!! まだ夢みたいです。現実なんですよね。応援して下さった読者の皆様、ただただ感謝のきもちでいっぱいです。熱く頼もしいスタッフの方々と作り上げてアニメの覆面系、どうぞお楽しみに!!」と喜びを語っている。テレビアニメ公式サイトもオープンし、最新情報が随時公開される予定だ。

本作は「花とゆめ」にて連載中の少女マンガが原作。すでに実写映画化も決定しており、マルチメディアで作品を楽しめる。

テレビアニメ『覆面系ノイズ』
2017年4月より放送スタート

[キャストコメント]
有栖川仁乃役 早見沙織
原作から感じた熱量、衝動感、疾走感をアニメでもお伝えすることが出来ればと思っております。ニノを始めとする登場人物たちがアニメの中で動くのが私自身いまから楽しみです。アフレコ現場で皆様と掛け合いながら、また歌を歌いながら、ニノの持つ強いパワーを引き出していきたいです。

杠花奏役 山下大輝
この度ユズ役を演じさせて頂く事になりました、2013年から愛されている作品で、既に実写化も決定している事に非常に驚きつつも、これからユズ役としてキャラクターや作品によりそって愛を込めて演じていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

榊桃役 内山昂輝
ドラマCDから引き続き榊桃を演じられること、大変幸せに思っております。以前、原作コミックスの帯コメントを書かせていただいたことも、人生で初めての体験だったので印象深いです。そして今度はアニメ化ということで、精一杯頑張ります! 漫画で描かれている音楽が、アニメではどう表現されるのか、僕自身も楽しみにしています。どうかご期待ください。

[スタッフ]
原作:福山リョウコ(白泉社「花とゆめ」連載)
監督:高橋秀弥
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン/総作画監督:いとうまりこ
総作画監督:重本和佳子
プロップデザイン:樋口聡美
色彩設計:大塚奈津子
美術監督:諸熊倫子(スタジオ天神)
撮影監督:織田頼信
2DW/特殊効果:徳丸仁志、立花美紀
編集:池田康隆
音響監督:山口貴之
音楽:SADESPER RECORD (NARASAKI / WATCHMAN)
アニメーション制作:ブレインズ・ベース

(c) 福山リョウコ・白泉社/アニメ「覆面系ノイズ」製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集