「血煙の石川五ェ門」 セクシーで危険…若き五ェ門の新規カット公開 | アニメ!アニメ!

「血煙の石川五ェ門」 セクシーで危険…若き五ェ門の新規カット公開

ニュース

若きルパンたちの活躍を描いた『LUPIN THE IIIRD』シリーズ。2014年夏に公開され、話題を呼んだ『次元大介の墓標』から3年、『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』が公開される。
今回、本編での五ェ門の新規カットを一挙公開された。テレビシリーズでは観ることのできない、若く生意気でそれでいてセクシーな五ェ門の姿はファン必見と言える。

『LUPIN THE IIIRD』は『ルパン三世』シリーズの原点をリビルドし、ハードで危険な一味の若き姿を描いた作品群だ。前作『次元大介の墓標』も次元が強敵との対決し、やがてルパンと「相棒」になっていく姿を、ハードボイルドかつダンディズム満載のアクションで描き切った。
自らの雇い主を守り切れず、仇討ちに向かうも返り討ちにあった五ェ門。身体も誇りもボロボロに打ち砕かれてしまい、絶望の底に墜ちた彼がその果てに掴んだものとは。そしてルパン三世はその時どうするのか。本作は孤高の剣士・石川五ェ門、その研ぎ澄まされた精神までも追及した野心作となっている。

本作の完成につき、浄園祐プロデューサーは「五ェ門が斬鉄剣を抜く動作の重みを描き切ったのが本作」とコメントし、今まで語られることが少なかった五ェ門の過去について踏み込んだ作品であることを示唆した。また、「ルパン達との距離感が変化していく所も、本シリーズのテーマ・見所となっている」ともし、一味の関係性が深まっていくプロセスも描かれていることを言及した。
監督・作画監督は、アダルトで端正な作画とアグレッシブな演出で国内外を魅了するクリエイター小池健。脚本は新テレビシリーズ『ルパン三世』のシリーズ構成と脚本も担当した高橋悠也。クリエイティブ・アドバイザーは映画監督・石井克人、音楽はCMに映画に幅広く活躍中のジェイムス下地と前作を生んだ最高のチームが再結成され、浄園のコメントを裏付ける最高のメンバーが揃っている。

ルパンたちの新たな魅力を描く野心作。公開は2017年2月4日となっている。

『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』
2017 年2月4日(土)新宿バルト9ほかにて<4週間限定>全国公開

原作:モンキー・パンチ (C)TMS
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集