ルパン新作「血煙の石川五ェ門」12月19日に最速上映 新カットでは次元のメガネ姿も | アニメ!アニメ!

ルパン新作「血煙の石川五ェ門」12月19日に最速上映 新カットでは次元のメガネ姿も

ニュース

映画『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』は2017年2月4日より全国公開を迎える。それに先駆けて、12月19日には新宿バルト9で最速プレミア先行上映会が開催される。新場面カットも発表となり、普段とは異なるルパン一味たちが描かれている。

最速プレミア先行上映会は12月19日18時30分の回の上映開始前に行われる。登壇者はルパン三世役の栗田貫一、石川五ェ門役の浪川大輔、小池健監督、浄園祐プロデューサーの4人を予定。ハードボイルドタッチでルパンを描く「LUPIN THE IIIRD」シリーズの第2弾についてどのような発言が飛び交うのだろうか。
新場面カットでは五ェ門を見つめるルパン一味集合カットをはじめ、珍しいメガネ姿の次元、妖艶に水タバコをふかす不二子、そしてICPOではなく公安としてバミューダの亡霊・ホークを追う銭形の姿が確認できた。いずれも重厚な絵柄で、普段よりシリアスな世界観を楽しめる。

小池監督は本作について「モンキーパンチ先生の原作初期を意識したルパン一味の出会って間もない関係性に設定した世界観になります。仕事の利権が一致した時のみ行動を共にするので、仲間とか友情という言葉は全く当てはまらないワル同士の織りなす物語は、常に緊張感が出るように心がけています。五ェ門もしかり、ルパン一味になっていくひとつエピソードを是非ご期待ください」とコメントを発表した。大人向けのシリーズに期待が膨らんでいく。
脚本は新テレビシリーズ『ルパン三世』のシリーズ構成を担当した高橋悠也、クリエイティブ・アドバイザーは映画監督の石井克人、音楽はジェイムス下地と豪華なメンバーが揃った。アニメーション制作は長年「ルパン」シリーズを手がけてきたテレコム・アニメーションフィルムが行う。

最速プレミア先行上映会情報
開催: 12月19日(月)
劇場: 新宿バルト9
時間: 18:30の回(上映開始前舞台挨拶)
登壇: 栗田貫一、浪川大輔、小池健監督、浄園祐プロデューサー

『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』
2017年2月4日(土)全国公開
原作:モンキー・パンチ (c)TMS
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集