「スパイダーマン:ホームカミング」初映像をお披露目 アイアンマンと空を飛ぶ | アニメ!アニメ!

「スパイダーマン:ホームカミング」初映像をお披露目 アイアンマンと空を飛ぶ

ニュース

「スパイダーマン」新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日に全国公開を迎える。このたび、本作の初映像となる予告編がお披露目となった。

予告編には主人公のスパイダーマンことピーター・パーカーはもちろん、先輩ヒーローとしてアイアンマンのトニー・スタークも登場。部活のノリでニューヨークを救うピーターに対して、真のヒーローとして正しい道に導こうとする。
そんなスタークに新しいスーツまで作ってもらったピーターは、自分の力を認めてもらうために一大奮起。巨大な翼で飛行する怪物・ヴァルチャーを退治しようとするものの、スタークには「ベンジャーズに任せておけ」と止められてしまう。「ガキ扱いは、ゴメンだ!」その忠告を聞かずに戦いに挑んだものの……。



映像ではスタークのシニカルな冗談に翻弄されるパーカーが描かれており、新人ヒーローが本編の中でどう成長していくのか期待が膨らむ仕上がりだ。さらに本作のヴィランとなるヴァルチャーは超高速飛行を披露。それに負けじとスパイダーマンもムササビのような羽をつけて飛び、大迫力の空中戦を繰り広げていく。
ラストはアイアンマンとともにニューヨークの空を飛ぶスパイダーマンの姿で締められている。ベテランとルーキーの二人がどのような活躍を見せるのだろうか。

「スパイダーマン」の生みの親であるスタン・リーは、12月に開催された東京コミコンのために来日。その際に主演のトム・ホランドについて「スパイダーマンの役をやるために生まれてきた」と語った。新進気鋭の英国俳優は早くも全世界から注目を集めている。
アイアンマンは同役での出演がこれで8作目となるロバート・ダウニー・Jrが担当。ヴァルチャーは『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートンが演じることも映像から判明している。『スパイダーマン:ホームカミング』は全米で2017年7月7日に公開。日本では8月11日に全国ロードショー。

[スタッフ]
監督:ジョン・ワッツ
キャスト:トム・ホランド、ロバート・ダウニー・Jr、マイケル・キートン、マリサ・トメイ、ジョン・ファヴロー、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタラン
配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

(c)Marvel Studios 2016. (c)2016 CTMG. All Rights Reserved.
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集