「オーバーロード」劇場版は2部構成、第1部「不死者の王」2017年2月25日公開 | アニメ!アニメ!

「オーバーロード」劇場版は2部構成、第1部「不死者の王」2017年2月25日公開

ニュース

総集編が劇場版として公開予定の『オーバーロード』が、前編・後編の2部構成にて展開することが明らかになった。これは11月24日に実施された『オーバーロード』×『幼女戦記』合同記者会見にて発表されたもので、前編・後編のタイトルおよび上映日、特典付き前売券の情報などが一挙公開となった。

前編のタイトルは『劇場版総集編 オーバーロード 不死者の王』。2017年2月25日より全国ロードショーを予定している。
そして後編は『オーバーロード 漆黒の英雄』。こちらは前編から2週間後の2017年3月11日より公開がスタートする。

公開劇場は現在のところ、角川シネマ新宿と池袋シネマ・ロサの2ヶ所が明かされている。そのほかの公開劇場については近日公開予定となっている。特に関東圏外のファンは、今後の情報にも注目しておきたい。
これに合わせてキャラクター原案・so-bin描き下ろしのキービジュアルも公開。「不死者の王」を描いたキービジュアルは、とても迫力のある仕上がりだ。

本作の特典付き前売券(ムビチケ)は12月3日より、全国の公開劇場にて発売が開始となる。第1弾の特典は、so-bin描き下ろしのティザービジュアルとアニメ背景美術を使用したポストカードセット。
アニメ背景美術がグッズに採用される例は少ないが、映像の美しさも魅力の本作らしいアイテムと言えるだろう。なお前売券の価格は1,500円(税込)となっている。

『オーバーロード』は、シリーズ累計300万部を突破するダークファンタジー小説。オンラインゲームを題材にしており、通常のゲームでは敵として扱われる「魔王」が主人公として活躍する、独特の世界観をもっている。
2015年7月からはテレビアニメが放送されると、その世界観と映像の美しさ、日野聡や原由実の演技が人気を博した。劇場版はそんなテレビアニメの物語を振り返る内容になっている。
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集