「結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-」全3章で劇場公開へ 第1章は2017年3月公開 | アニメ!アニメ!

「結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-」全3章で劇場公開へ 第1章は2017年3月公開

ニュース

2014年に放送されたTVアニメ『結城友奈は勇者である』。先日、第2期の制作が決定、および前半6話にあたる『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』がTV放送に先がけて先行劇場公開されることが発表されていたが、今回第1章の公開が2017年3月18日(土)に決定するなど、新情報が公表された。

『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』は、『結城友奈は勇者である』の2年前、神世紀298年の世界を描いたノベル作品『鷲尾須美は勇者である』をベースにして制作される完全新作。スタッフ陣は、総監督に岸誠二、シリーズ構成に上江洲誠、脚本にタカヒロ、キャラクターデザイン原案にBUNBUNと第1期に携わったスタッフ陣が再び集結する。アニメーション制作も前作と同じくスタジオ五組が担当する。キャストは、鷲尾須美役を三森すずこ、乃木園子役を花澤香菜、三ノ輪銀役を花守ゆみりがそれぞれ務める。

そしてチケット情報として、数量限定で、バンドル付きムビチケカード全3章綴り券が11月19日から劇場にて販売開始される。価格は4,500円(税込)で、特典としてオリジナルクリアファイルホルダー(A4サイズ20枚収録)が付属する。数量限定のため、なくなり次第販売終了となるので、注意したい。

さらに劇場用短編アニメとして、「結城友奈は勇者部所属」も同時上映される。こちらはキャラクター&ストーリー原案を娘太丸、企画原案は本編と同じくタカヒロ、アニメーション制作はダブトゥーンスタジオがそれぞれ担当する。

TV放送から約3年を経て、再び動き出す「勇者」たちの物語。今後の展開にますます目が離せなくなりそうだ。

<チケット情報>
名称: バンドル付きムビチケカード全3章綴り券(数量限定)
発売日: 11月19日から劇場にて販売開始
価格: 4,500円(税込)
特典: オリジナルクリアファイルホルダー(A4サイズ20枚収録)
※ムビチケカードは、対応劇場のみ使用可能なカードタイプの前売券
※内容、仕様は予告なく変更・終了する場合あり
※数量限定のためなくなり次第終了

『結城友奈は勇者である』
(C)2017 Project 2H
《古戸圭一朗》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集