「東京アニメアワードフェスティバル2017」メイン会場は池袋に 浅野直之によるメインビジュアルも公開 | アニメ!アニメ!

「東京アニメアワードフェスティバル2017」メイン会場は池袋に 浅野直之によるメインビジュアルも公開

ニュース

東京アニメアワードフェスティバル実行委員会及び一般社団法人日本動画協会が主催する国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2017」が、2017年3月10日から3月13日にかけて開催される。

「東京アニメアワードフェスティバル」は、新たな人材の発掘と育成、そしてアニメーション文化の発展を目的としたイベントで、2017年で4度目の開催となる。
高いクオリティとオリジナリティに富む世界中の作品が東京に集結し、招待作品の上映やステージイベントなどを通して、アニメに携わる人々の交流を図る。

今回のメイン会場となるのはアートカルチャー都市としても知られる池袋。5館の映画館で上映やトークショーが行われ、さらに生活産業プラザ、区民ひろば南池袋、WACCA IKEBUKUROといった施設も会場になりワークショップやライブでのアニメーション制作など幅広い行事が企画される。
池袋以外でも「東京アニメアワードフェスティバル 2017」にちなんだイベントの開催が予定されており、市ヶ谷のDNPプラザ、飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京、荻窪の杉並アニメーションミュージアムでは会期前にワークショップ・上映イベントなどを実施する。

これまでと同様にコンペティション部門、アニメ オブ ザ イヤー部門、アニメ功労部門といったアワードが開催されるほか、来年は「アニメ映画を見に行こう!@東京-Let’s go to THE Anime @TOKYO”-」という特別コンベンションも開催される。
これは日本で国産のアニメーションが公開されてから100年を迎えることを記念したもので、、「100年後の東京」を設定に、国内外から広く作品を募る。こちらは11月中旬より公式サイトにて募集開始予定だ。

本イベントの開催決定に合わせて、メインビジュアルも公開となった。『おそ松さん』や『聖☆おにいさん』などのキャラクターデザイナーとして知られ、昨年の「アニメ オブ ザ イヤー・個人部門」にて、キャラクターデザイン・メカデザイン賞を受賞した浅野直之が手がけたイラストだ。
日本のアニメーションの歴史と多様性を表現しているイラストは、イベントの趣旨にも合った仕上がりとなっている。

「東京アニメアワードフェスティバル 2017」開催概要
日程:2017 年 3 月 10 日(金)~13 日(月)
会場:池袋の5会場(新文芸坐、シネマサンシャイン池袋、池袋シネマ・ロサ、池袋HUMAXシネマズ、シネ・リーブル池袋)他
※市ヶ谷(DNPプラザ)、飯田橋(アンスティチュ・フランセ東京)、荻窪(杉並アニメーションミュージアム)では、会期前にワークショップ・上映イベント等を実施

(C)TAAFEC. All Rights Reserved.
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集