「ドクター・ストレンジ」全米初登場1位獲得、「週刊少年マガジン」にて前日譚掲載も | アニメ!アニメ!

「ドクター・ストレンジ」全米初登場1位獲得、「週刊少年マガジン」にて前日譚掲載も

ニュース

『アベンジャーズ』や『アイアンマン』などの大ヒットシリーズを生み出してきたマーベル・スタジオの最新作『ドクター・ストレンジ』。日本に先駆けて11月4日に公開された本作だが、全米初登場1位を獲得し、公開3日間で興行収入約8,500万 ドル(約88億4千万円)の大ヒットスタートとなった。
日本での公開は2017年1月27日とやや先になるが、本作の前日譚となるオリジナルストーリー『ドクター・ストレンジ エピソード0』が11月22日に発売される「週刊少年マガジン」に掲載されることが合わせて発表された。

『ドクター・ストレンジ』は不慮の事故で両手の機能を奪われた天才外科医スティーブン・ストレンジが主人公。天才が故の傲慢さゆえにキャリアのすべてを失った彼が最後の望みをかけてたどり着いたのは人智の力を超えた「魔術」の力だった。
敵ですら傷つけられないという苦悩に葛藤するドクター・ストレンジは、新しいパワーを身に着けて外科医に戻るのか、それとも、最強の魔術師として世界を守るのか?究極の選択を迫られた時、彼はどんな判断を下すのかかが大きなテーマとなっている。

本作が全米1位を獲得したことからマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品としては14作連続の第1位を記録したことになる。一部の国と地域では10月26日より公開され、公開2週目で既に世界興収は3億2500万ドル(約338億円)に到達。11月4日から公開された中国では約4,430万ドル(約46億7千万円)という『アベンジャーズ・エイジ・オブ・ウルトロン』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に次ぐ第3位の記録を達成した。本国のレビューサイトRotten Tomatoesでも90%の高評価を得ている。

そしてそんな話題沸騰の本作の前日譚が世界で唯一「週刊少年マガジン」に掲載される。ドクター・ストレンジが魔術を手に入れる少し前、天才外科医の彼が傲慢な態度で同僚たちを困らせながらも、その“神の手”で数々の患者を治療していく姿が描かれる。作者は第70回ちばてつや賞(ヤング部門)にて準優秀新人賞を受賞し、マーベルの大ファンだという春壱ということで期待が高まる。また、人気連載マンガが無料で読めるアプリ「マンガボックス」では、連載『ドクター・ストレンジ』が11月30日から配信決定。本誌と合わせて楽しめる内容ということで、注目を集めている。

(C) 2016MARVEL  Marvel-japan.jp/Dr-strange
《尾花浩介》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集